ACマスターカードはオンライン申込みで即日発行可能

「ACマスターカード」は、消費者金融大手の「アコム」が発行しているクレジットカードです。

消費者金融のクレジットカードのため、他の銀行系クレジットカードなどとは審査で見る点が違うと言われています。

審査ポイントが異なるため、他のクレジットカードで審査落ちした人でも、ACマスターカードを作れる可能性有り。

とはいえ、審査が甘いというわけではありませんし、誰でも作れるカードというわけでもありません。

この記事では、ACマスターカードのメリットやデメリットについて説明していきます。

ACマスターカード
国際ブランド
カード情報内容
発行元アコム株式会社
年会費無料
申込資格20歳以上
安定収入がある
高校生を除く学生も可
還元率0.25%(自動キャッシュバック)
限度額10~300万円

ACマスターカードは安定収入が申込み条件となっていますが、「派遣社員」や「アルバイト」の方でも申込み可能です。

このカードは、返済日が変わっていますね。
口座引き落としの場合は、普通のクレジットカードと変わらないのですが、任意返済の場合は、前回の返済日からその都度返済日が決まっていきます。
良いこと思いつきました!

35日ギリギリで支払っていけば、毎月5日づつ支払い日を遅らせられますよ。半年で、1カ月分支払いを飛ばせる計算ですね。

いえ、毎月20日で締めた分は、翌月6日までに払わないと手数料が発生します。

ですから、その方法はぜんぜん得じゃないですよ。

ACマスターカードの3つの特徴

ACマスターカードには、次のような特徴があります。

ACマスターカードの特徴
  1. 最短即日発行
  2. 支払いの柔軟性がある
  3. 0.25%自動キャッシュバック

では、それぞれについて見ていきましょう。

ACマスターカードは最短30分で審査結果が出る

ACマスターカードは、申込みからカードの発行までの時間が非常に短くなっています。次のような手順で、最短「即日発行」も可能。

ACマスターカードの即日発行手順
  1. インターネットで審査申込み
  2. 最短30分で審査結果が出る
  3. アコムのむじんくん(自動契約機)で即日受け取りが可能

むじんくんは、土日祝日でも問題なく利用可能。

ただしACマスターカードは、郵送でも届くのが早く、最短翌々日発送。本当にすぐにクレジットカードが欲しいという場合でなければ、郵送でも大丈夫です。

ACマスターカードは支払い手段が複数ある

普通のクレジットカードは、口座引き落としで支払いを行います。口座登録しなければ作れない、というクレジットカードがほとんど。

しかしACマスターカードの場合、口座引き落とし以外でも、次のような方法でカード利用代金の支払いが可能です。

ACマスターカードの支払い方法
  1. コンビニATM払い
  2. インターネット払い
  3. ショッピングセンターATM払い
  4. アコムATM払い
  5. アコム店頭窓口払い

このうち、「コンビニ」と「ショッピングセンター」のATMでの支払いは、手数料が発生するので注意。なるべくなら、他の場所で支払うのがお得です。

さまざまな支払い方法があるため、ACマスターカードは支払いの柔軟性は高いと言えます。

もちろん、銀行口座の自動引き落としにすることも可能です。

ACマスターカードは毎月0.25%が自動キャッシュバックされる

ACマスターカードには、他のクレジットカードのような「独自のポイント」はありません。

その代わり、毎月自動キャッシュバックが行われます。

「自動キャッシュバック」とはなんでしょうか?
毎月の利用額の0.25%が、支払金額から自動的に割り引かれることですよ。

他のクレジットカードで言う、ポイント還元率0.25%と同等ですね。

ACマスターカードの2つの注意点

ACマスターカードには、次のような注意点があります。

ACマスターカードの注意点
  1. リボ払い専用
  2. 国際ブランドが1つだけ

では、それぞれ見ていきましょう。

ACマスターカードはリボ払い専用のクレジットカード

ACマスターカードを使った場合、店で1回払いと言っても、自動的に「リボ払い」になってしまいます。

ACマスターカードのリボ払い手数料は、実質年率「14.6%」です。

他のクレジットカード会社のリボ払いに比べると、若干安いくらいですが、それでも支払う手数料としては高すぎることに違いはありません。

そのため、よく知らずにACマスターカードを適当に使うと、借金が膨らんで返せなくなる危険性があります。

ただし、20日までの利用金額を翌月6日以内にすべて返した場合は、手数料が発生しないため、一括払いのように使うことも可能。

海外でACマスターカードを使った場合はどうなるんでしょう?
海外利用でも変わりません。

すべてリボ払いになってしまいます。

ACマスターカードはMastercardしか選べない

ACマスターカードは、その名の通り国際ブランドは「Mastercard」以外選択不可。ただしこの点に関しては、それほど大きな問題ではありません。

MastercardはVISAに次いで、契約店舗数が多い国際ブランドですので、大抵の店で利用可能。

しかし国際ブランドは、それぞれ独自のサービスを提供しているため、VISAやJCBなどのサービスを検討出来ないというのは、自分に適したクレジットカードを選ぶ妨げになってしまいます。

ACマスターカード
国際ブランド

ACマスターカードはすぐに作れる事だけが利点

ACマスターカードは、一般的なクレジットカードについているサービスなどが、ほぼ無いカードです。

ポイント還元率も低く、さらに自動で「リボ払い」になってしまうというリスクまであります。

ACマスターカードを選ぶのは、とにかくすぐにクレジットカードが欲しい場合と、他のクレジットカードの審査に落ちてしまった場合のみで十分です。

※ 掲載の情報は2020年1月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!