自動車税もクレジットカードで支払ったほうがお得!

「自動車税」をクレジットカード払いにできる、というのはご存知でしょうか。

クレジットカード払いにすると、「ポイントが貯まる」「24時間いつでも納税できる」「手元に現金が無くても納税できる」など、さまざまなメリットがあります。

この記事で説明するのは、自動車税をクレジットカードで支払うメリットや、クレジットカード払いをする場合の注意点についてです。

自動車税額は用途と排気量で決まる

「自動車税」とは、自動車を持っている人に課される「地方税」です。まったく自動車を使っていなかったとしても、所有者は毎年支払わなくてはいけません。

なんらかの事情で長期間自動車を使わない場合は、「一時抹消登録」をしておきましょう。

一時抹消登録をしておけば自動車税を払わなくてすみますし、後日「中古新規登録」をすれば再びその自動車に乗ることもできます。

さて、自動車税の税率を決定する要素は、「用途」と「排気量」です。

「事業用車」なら低い税率になりますが、「自家用車」の場合は、次の表のように先進国でも飛び抜けて高い税率になっています。

用途と排気量による自動車税額
排気量 2019年9月以前の新車登録の自家用車 2019年10月以降の新車登録の自家用車 事業用車
1.0リッター以下 29,500 25,000円 7,500円
1.0超~1.5リッター 34,500 30,500円 8,500円
1.5超~2.0リッター 39,500 36,000円 9,500円
2.0超~2.5リッター 45,000 43,500円 13,800円
2.5超~3.0リッター 51,000 50,000円 15,700円
3.0超~3.5リッター 58,000 57,000円 17,900円
3.5超~4.0リッター 66,500 65,500円 20,500円
4.0超~4.5リッター 76,500 75,500円 23,600円
4.5超~6.0リッター 88,000 87,000円 27,200円
6.0リッター超 111,000 110,000円 40,700円

この表があらわしているのは、「乗用車」の自動車税額です。「トラック」や「バス」の場合は、それぞれ積載量と乗車定員を基準にして税額が決定。

また、「軽自動車」の場合は自動車税ではなく、「軽自動車税」になります。

自家用の軽自動車なら排気量に関わらず一律で10,800円(2015年3月までの新規検査を受けていれば7,200円)です。

これらの基本税率に、「環境基準」による軽減や重課がなされ、実際に支払う税額が決定されます。

環境基準による軽減ってなんですか?
電気自動車などの環境に優しい車なら、自動車税が50%や25%程度軽減されるんです。

逆に古い車は環境への悪影響が大きいため、重課されて自動車税が高くなってしまいますよ。

自動車税をクレジットカードで支払う3つのメリット

自動車税をクレジットカード払いにすると、次のようなメリットがあります。

クレジットカードで自動車税を支払うメリット
  1. ポイントが貯まる
  2. 24時間いつでも簡単に納税できる
  3. 支払方法が選べ、実際の支払いを後回しにできる

では、それぞれ見ていきましょう。

クレジットカードで自動車税を払えばポイントがお得

自動車税は、支払金額が大きく、しかも毎年のことですから、クレジットカードによるポイント獲得効果も大きくなります。

ただしクレジットカードの中には、納税時にはポイントが貯まらないものもありますので注意してください。

納税前にクレジットカード会社に確認をして、ポイントが貯まらないようなら、ポイントが貯まる他のクレジットカードで支払うようにしましょう。

また、自動車税をクレジットカード払いにする場合は、「決済手数料」が必要になります。

ポイント還元率が低いクレジットカードを使うと、ポイントが決済手数料を下回り損をしてしまうケースも無くはありません。

自動車税のクレジットカード払い時の決済手数料については、後述します。

クレジットカード払いなら24時間いつでも簡単に自動車税を払える

税務署で自動車税を支払う場合は、窓口が開いている時間に行かなければいけません。

しかし、クレジットカード払いにすれば、いつでも暇ができた時に支払いが可能です。これは忙しい人には、特に大きなメリットと言えるでしょう。

支払い手順も簡単です。

まず、「自動車税種別割の納税通知書」と「クレジットカード」を用意します。

次に、自治体が指定している支払いサイト(Yahoo!公金支払いなど)を開き、「納付番号」「確認番号」「年度」などの情報を指示に従って入力していくだけです。

クレジットカード払いなら支払いを分割払いにしたり後に回したりできる

クレジットカード払いのメリットとしては、利用から実際の支払いまでに1~2カ月程度の余裕がある、という点が挙げられます。

このメリットは、自動車税の支払いをする時も変わらず、支払いを遅らせられる分だけ通常の現金払いよりお得。

現金に余裕がない場合でも、クレジットカード払いにすれば、とりあえず自動車税の支払いは可能になります。

また、どうしても支払いが厳しい場合は、クレジットカードの分割払いやリボ払いを利用するという方法も無くはありません。

・・・リボ払いはよくないのでは?
そうですね、私もおすすめはしません。

ただ、急病などなんらかのトラブルで手元資金に困っている場合でも、こういう手段があるよ、という話です。

自動車税をクレジットカードで払う場合の3つの注意点

自動車税をクレジットカードで払う場合、次のような注意点があります。

自動車税をクレジットカード払いする時の注意点
  1. 住んでいる地域によってはクレジットカード払いができないこともある
  2. 決済手数料は本人が負担する
  3. 納税確認がなされるまでに時間がかかる

では、注意点について細かく見ていきましょう。

クレジットカード払いを扱っていない自治体もある

自動車税は国税ではなく、「地方税」です。そのため、あつかいはそれぞれの自治体によって異なっています。

大多数の都道府県では、自動車税のクレジットカード払いに対応していますが、いくつか現金払いしか受け付けていない県も。

具体的には、現時点で「石川県」と「高知県」の2県のみがクレジットカード払いに対応していません。

このどちらかの県で暮らしているなら、残念ながらクレジットカード払いは諦めましょう。

ただし、どの自治体もクレジットカード払いに対応しだしたのはつい最近の事ですから、石川県と高知県でも近いうちにクレジットカード払いができるようになると思われます。

また、軽自動車税は、県税ではなく市区町村の税です。

そのため、クレジットカード払いができるかどうかは、住んでいる地域の自治体の公式サイトなどで確かめてみてください。

また、自動車税がクレジットカードで支払えると言っても、あくまで「インターネット」経由での話です。

自治体の窓口でクレジットカードを出しても、手続きはできませんので注意してください。

自動車税のクレジットカード払いでは決済手数料が取られる

普段クレジットカードを使っている時には、「決済手数料」について気にすることはないと思います。

買い物をした時にクレジットカード会社に払う手数料は、「お店」が負担しているため、消費者は支払わなくてよいからです。

しかし自動車税をクレジットカード払いにする時は、自分で決済手数料を支払わなくてはいけません。

多くの都道府県では、決済手数料は、支払い1件につき「300円(税抜)」となっています。

ただし、「秋田県」「栃木県」「群馬県」「東京都」「埼玉県」「千葉県」「愛知県」「京都府」「徳島県」「熊本県」「沖縄県」では、納税額によって決済手数料が変化。

たとえば愛知県の決済手数料は次の通り。

愛知県のクレジットカード払いの決済手数料
納税額 決済手数料
~10,000円 73円(税抜)
~20,000円 146円(税抜)
~30,000円 219円(税抜)
~40,000円 292円(税抜)
~50,000円 365円(税抜)
以降1万円増加ごとに +73円(税抜)

納税額で決済手数料が変わる都道府県どうしでも、それぞれ決済手数料の設定は異なります。

これらの都道府県で暮らしているなら、自治体の公式サイトなどで決済手数料を確認してみてください。

決済手数料のことを考えると、使っているクレジットカードのポイント還元率次第では、クレジットカード払いの方が損になることもありえます。

・・・決済手数料が高い都道府県は、それぞれの自治体が決済手数料で儲けようとしているということですか?
いえ、違いますよ。決済手数料は都道府県の収入にはなりません。

決済手数料は、都道府県が「代理納付者」として依頼している会社が取るお金です。

クレジットカードで自動車税を払うと納税確認に2週間程度はかかる

ほとんどの自治体では、自動車税をクレジットカード払いにした時には「納税証明書」が発行されません。

なぜなら、「電子的に納税確認」ができるようになっているため、納税証明書の現物は不要だからです。

しかしこの電子的な納税確認は、支払いをおこなってからタイミラグがあります。

北海道では納税確認に3~4日としていますが、大抵の都道府県では、納税確認期間は2週間程度。

このように納税確認に時間がかかるため、すぐに車検をおこなう場合などは、クレジットカード払いをしてはいけません。

自動車税もクレジットカード払いで手軽に支払おう

最近では、(一部の県を除いて)自動車税もクレジットカード払いができるようになっています。

クレジットカード払いにすれば、ポイントが貯まってお得ですし、パソコンやスマホから簡単に手続きが可能です。

ただし、クレジットカード払いをしてから納税確認がなされるまでに2週間程度かかってしまうという点には注意が必要。

すぐに車検をしたい場合などは、現金払いで自動車税を支払ってしまったほうが無難です。

※ 掲載の情報は2020年5月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!