楽天Edyは超優秀電子マネー!おすすめのクレジットカードもご紹介

楽天Edyは使える場所が多く、利便性の高い電子マネーです。そのため、楽天Edyを使いたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

楽天Edyを利用する場合、楽天Edy専用カードやおサイフケータイなど様々な方法でEdyを利用することができます。その中でもおすすめは、Edyが搭載されているクレジットカードを利用すること。

クレジットカードでEdyを利用する場合は、残高が一定金額以下になれば自動的にチャージされるオートチャージ機能を使えるのが最大のメリット。

そのうえ、マイルやポイントを効率よく貯めることができるものも多く、お得な特典がついているものもあります。

この記事では、楽天Edyが使えるクレジットカードのうち、おすすめのカードを3つ紹介します。自分に合うクレジットカードを見つけ、お得に楽天Edyを使いましょう。

楽天Edyの特徴は?クレジットカードと組み合わせるとよりお得

楽天Edyとは、楽天Edy株式会社が提供しているプリペイド型電子マネー。あらかじめカードにお金をチャージしておくことで、電子マネーを利用可能です。

楽天Edyは、様々な種類のものに搭載されています。主なものは、次のとおり。

  • 楽天Edy専用カード
  • Edy機能付きクレジットカード
  • おサイフケータイ
  • Edyストラップ

この中でもおすすめは、Edy機能付きクレジットカード。

というのも、Edy機能付きクレジットカードであれば、クレジットカードを通じてオートチャージ機能を利用することもできるため。

オートチャージとは

楽天Edyのオートチャージ対象店舗でショッピングをした際、残高が一定金額以下になると自動的にチャージしてくれる機能のこと。

オートチャージ機能が付いていれば、残高を気にする必要がありません。また、チャージする手間も省けるため、とても便利です。

ただし、オートチャージ機能はカードを紛失してしまった場合、不正利用される可能性が高くなります。そのようなデメリットもあることを理解したうえで利用しましょう。

楽天Edyはおサイフケータイでもアプリで使えるんですね!
そうです。おサイフケータイの場合、クレジットカードよりも様々なチャージ方法に対応しているため、とても便利に使うことができるんですよ。
iPhoneで利用することはできますか?
おサイフケータイはアンドロイドのスマホ独自のものであるため、iPhoneでは使えません。楽天EdyはApplePayには対応していないのです。

おサイフケータイで楽天Edyを使う最大のメリットは、紛失した場合に気づきやすいこと。

スマホの場合、常に肌身離さず持っている人も多く、たとえ紛失したとしてもすぐに気づく場合がほとんどです。そのうえ、パスワード機能なども搭載されているため、落としたとしても誰かが勝手に使うことはなかなかできません。

ですが、楽天Edyをカードで利用している場合、他人が使うことは簡単にできます。そのうえ、オートチャージ機能が搭載されていれば、お金を自由に使うことが可能です。

アンドロイドのスマホを利用している人は、万が一の場合を考えておサイフケータイを利用するといいでしょう。

楽天Edyにおすすめのクレジットカード3つ!マイルやポイントが貯まりやすい

楽天Edyを搭載したクレジットカードのうち、特におすすめなのが次の3つ。

  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
  • ANA JCB一般カード
  • 楽天カード

それぞれの特徴やおすすめポイントについて見ていきましょう。

ANAアメリカン・エキスプレスならEdyでマイルが貯まる!

楽天Edy搭載のクレジットカードの中でも、ANAアメリカン・エキスプレスをおすすめする理由は次の3点。

  1. 楽天Edyでマイルが貯まる
  2. 年会費がお得
  3. 空港で受けられるサービスが多い

ANAアメリカン・エキスプレスをおすすめする最大の理由は、楽天Edyでマイルが貯まること。

ANAアメリカン・エキスプレスには、楽天Edy機能が搭載されています。楽天Edyを利用すると、200円(税込)に対しANAマイルを1マイル貯めることが可能。日々の生活で楽天Edyを使うことで、ANAマイルを貯めることができます。

楽天Edyは使えるお店が多いのが特徴です。アメックスを利用できないお店でも楽天Edyを利用できるため、より便利にマイルを貯めることができます。

アメリカンエキスプレスのクレジットカード、持っているだけでステータスが高い気がしますよね。そのかわり年会費が高いイメージがあります。やはり年会費は高いんですか?
ANAアメリカン・エキスプレスは年会費7,000円(税抜)ですよ。
年会費7,000円(税抜)!一般的なカードと比較すると高いですね。
一般的なカードと比べると高いですが、アメックスの中では安いほうなんですよ。通常のアメリカン・エキスプレス・カードは、年会費12,000円(税抜)です。

ANAアメリカン・エキスプレスは、ステータス性が高いアメリカン・エキスプレス・カードをお得な年会費で持つことができるクレジットカードです。ただし、通常のアメリカン・エキスプレス・カードと比較するとやはり特典に差があります。

とはいえ、ANAアメリカン・エキスプレスも空港サービスは充実しています。主なサービスは、次のとおり。

  1. ANA国内線で事前にスキップ予約しておくことで搭乗手続き不要
  2. 空港ラウンジ無料
  3. 空港パーキングを安い料金で利用可能
  4. 荷物宅配サービス
  5. アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン利用可能
  6. グローバル・ホットライン利用可能

これらのサービスを使うことで、空港をより便利に利用できます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費7,000円(税抜)
還元率1.0%~
電子マネーApple Pay

ANA JCB一般カードはANA QUICPay+nanacoも便利!

ANA JCB一般カードはEdy搭載クレジットカードの中でもおすすめのカード。おすすめポイントは、次の3点。

  1. 楽天Edyでマイルが貯まる
  2. OkiDokiポイントも貯まる
  3. ANA QUICPay+nanacoも利用可能

ANA JCB一般カードは、楽天Edy利用金額200円につき1マイル貯めることができます。

そのうえ、貯まったOkiDokiポイントをマイルに自動移行することも可能。もちろん、好きなタイミングでポイントをマイルへ移行することもできます。マイルを貯めたい人におすすめのカードです。

ANA JCB一般カードは、楽天Edyだけでなくクイックペイやnanacoも使えると聞いたのですが、本当ですか?
本当ですよ。申し込みすれば、スキップサービスとクイックペイ、nanacoの3つの機能を使えるため、とても便利です。

ANA QUICPay+nanacoは、ANAの飛行機の翼の形をしているキーホルダー。このキーホルダーがあると、QUICPayとnanacoだけでなくANAのスキップサービスを利用することもできます。

ANAスキップサービスとは

ANA国内線の予約とチケット購入、座席の指定を行っていれば、搭乗手続きを使うことなく飛行機に乗ることができるサービス。面倒な手続きの必要がなく、とても便利です。

ANA QUICPay+nanacoは発行手数料300円(税抜)かかるものの、年会費は無料。ANA JCB一般カードを作るのであれば、ぜひ申し込んでおきたいサービスです。

ANA JCB一般カード
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費初年度無料
次年度以降2,000円(税抜)
還元率0.5〜1.0%
電子マネーApple Pay, Google Pay

楽天カードはEdy利用でもポイントが貯まりやすい!

楽天カードは楽天Edyを利用するのに適しているクレジットカードです。おすすめポイントは次の3点。

  1. 楽天Edyでポイントの二重取り可能
  2. 高いポイント還元率
  3. 審査に通りやすい

楽天カードをおすすめする最大のポイントは、ポイントの二重取りができること。

楽天カードでEdyを利用する場合は、「楽天カードなどからEdyにチャージする際」と「Edyで支払いをした際」のどちらでもポイントが還元されます。一度の利用でポイントの二重取りが可能なのです。

そのうえ、楽天カードは還元率が1.0%。年会費無料のカードで還元率1.0%というカードはほとんどありません。年会費無料にも関わらずポイントが貯まりやすい、大変お得なクレジットカードであるといえます。

楽天カードでの支払いと楽天Edyでの支払い、どっちがお得なのでしょうか?
もらえるポイントで比較すると、実はどちらも同じほどのポイントをもらえるためお得度に差はありません。

例えば、10,000円の買い物をする場合、楽天カードでの支払いだと100円につき1ポイント貯まるため、貯まるポイントは100ポイントとなります。それに対し、楽天Edyでの支払いの場合は200円につき1ポイント貯まるため、貯まるポイントは50ポイントです。

ただし、楽天Edyに楽天カードからチャージする場合も200円につき1ポイント貯まるもの。10,000円のチャージで50ポイント貯まるため、計100ポイント貯まり、楽天カードとの支払いと貯まるポイントに変わりはありません。

楽天Edyでの支払いでも楽天カードからチャージを行う場合は、カードでの支払いとお得度に差はないと覚えておきましょう。

楽天ではキャンペーンなどでもポイントを貯めることができます。ですが、キャンペーンで貯まるポイントは利用できる期間が長くありません。そのため、気を付けていなければポイントが失効していたという可能性も。ポイントの失効日はチェックしておきましょう。

楽天Edyをお得に使えるクレジットカードを選ぼう!

楽天Edyを使うならば、Edy機能が付いたクレジットカードにするのがお得だとわかりましたね。

Edyを使えるクレジットカードの中でもおすすめは、ANAアメリカン・エキスプレス・カード、ANA JCB一般カード、楽天カードの3つ。

これらのカードはどれもマイルやポイントが貯まりやすいうえ、様々なサービスも受けられるお得なクレジットカードです。

楽天Edyは利用できるお店も多い、使いやすい電子マネー。Edy機能が付いたクレジットカードを利用して楽天Edyを活用してみましょう。

※掲載の情報は2020年3月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!