クレジットカードの在籍確認は何をするの?確認を省けるカードは?

クレジットカードを申し込むと、会社に「在籍確認」の電話がかかってくる、というのは有名な話です。

この在籍確認が心配で、クレジットカードの申し込みに二の足を踏んでいるという人もいるのではないでしょうか。

けれど在籍確認は簡単に済むものですので、不安に思う必要はありません。

この記事では、在籍確認でどんなことをされるのを説明していきます。また、在籍確認をされる可能性が低いクレジットカードも紹介しますよ。

クレジットカードの在籍確認はどうして行われるの?

「在籍確認」というのは、会社などに電話をして申込書に記載された職場に、実際に申込者がいるかどうかを確かめるだけのものです。

年収や勤続年数などの細かい情報を聞かれることはありませんし、簡単な質問だけで終了します。

なぜクレジットカード会社が在籍確認をするかというと、カードの申込者の中には、嘘の職場を記載してカードを作ろうとする人がいるからです。

そのため、普通に働いているなら、在籍確認で心配しなければいけないことはありません。

在籍確認と「本人確認」は違うものなんでしょうか?

申し込みの時に、身分証のコピーで本人確認をしているんですから、わざわざ職場に連絡しなくてもよいのでは。

本人確認では、申込者が実在することしかわかりませんよね。

カードの支払いには安定収入が必要ですから、ちゃんと働いているかどうかの確認もしなくてはいけないんです。

クレジットカードの在籍確認で聞かれる内容はどんなもの?

まず、在籍確認の電話がかかってきた時に、「本人」が出た場合と職場の「同僚」が出た場合で話が変わってきます。

本人が出た場合、大抵「名前」を聞かれて終了です。追加で「生年月日」や「住所」を聞かれることがあるくらい。

あっけないと思われるかもしれませんが、クレジットカード会社としては、申込者が実際に会社に在籍していることが確かめられれば十分なので、余計な質問はめったされません。

ただまれに、審査が厳しいクレジットカード会社の場合は、もう少し細かい質問をして、本人であるかを確認してくることはあります。

一方、本人の外出中に在籍確認があった場合、「〇〇さんはおいでですか?」などとカード会社側から質問があり、同僚が「只今〇〇は外出しております」と答えればそれで終了です。

この質問と返答で、〇〇が実際に会社に在籍していることがわかるため、在籍確認はクリアされています。

「クレジットカードを作る時、在籍確認なんてなかったよ」と言っている人の中には、実はこのように知らないうちに在籍確認が終了しているケースもあるのです。

ただし、一部の厳しいクレジットカード会社の場合は、本人が出るまで繰り返し在籍確認をしてくるケースも有りますよ。

クレジットカードの在籍確認でカード会社名を名乗られる?

在籍確認では、カード会社名をそのまま名乗ることもありますし、個人名で確認してくることもあります。

傾向としては、「JCB」や「三井住友」のようなブランド力の高いカード会社の場合は、会社名や銀行名を名乗ることが多いようです。

「アコム」のような消費者金融系のクレジットカードの場合は、プライバシーを考慮して、会社名を名乗らないケースが多くなっています。

会社の同僚にクレジットカードを作ることを知られたくない場合は、申し込みの時に、カード会社名で在籍確認をしないよう依頼しておきましょう。

カード会社名を名乗るクレジットカードに申し込んでもでも、事前に頼んでおけば対応してくれるはずです。

クレジットカードの在籍確認のための電話番号はどうする?

クレジットカードに申し込む際は、在籍確認のために、必ず連絡が取れる電話番号を記載することが大事。

「正社員」なら、自分が「所属している部署」の電話番号を記載しましょう。外部一般からのコンタクト用電話番号や会社代表の電話番号は不適です。

「派遣社員」なら、「派遣元」の電話番号を記載しましょう。ただし、まれに派遣先にも在籍確認をされるケースがあります。

「自営業者」なら、ふだん自分が仕事で使っている電話番号で問題ありません。

「アルバイト・パート」なら、働いている店舗の電話番号を記載しましょう。

クレジットカードの在籍確認は必ず行われるわけではない

在籍確認というのは、必ず行われるものではありません。

なぜなら、すべての申し込みに対して在籍確認を行うほど人員に余裕のあるクレジットカード会社は無いからです。

そのため、申込者からランダムに抽選して、その人にだけ在籍確認をするという方法が行こなわれているとされています。

過去の情報から考えると、だいたい申し込みの「2~5割」ほどに対して在籍確認が行われているようです。

この比率はクレジットカード会社によって違い、在籍確認を行う可能性が高いカード会社もあれば、在籍確認を行う可能性が低いカード会社もあります。

ただし、絶対に在籍確認はしないというクレジットカード会社はありません。

そのため、どのクレジットカードに申し込むにせよ、在籍確認が行われる可能性は常に存在します。

カード会社やカード種類による在籍確認確率の違いは?

銀行系クレジットカードなどは在籍確認の可能性が高く、流通系クレジットカードなどは在籍確認の可能性が低いのが一般的。

ただし在籍確認の実施率は会社によって大きく違います。

「JCB」や「American Express」といった国際ブランドでも在籍確認率は低めだと言われていますし、「セゾンカード」などは意外に在籍確認率が高いという話。

在籍確認の実施率が低いクレジットカードを狙いたい場合、カードの「審査スピード」に注目してみましょう。

即日審査やスピード審査を謳っているクレジットカードの場合は、在籍確認が行われる確率が低めだと考えられます。

なぜなら、こうしたスピード審査を実施するために、作業を人手に任せない「機械審査」を導入しているためです。

クレジットカードの在籍確認の可能性を上げる5つの要素

クレジットカードで在籍確認が行われる可能性が高くなるのは、次のような要素がある場合。

在籍確認の可能性を高める要因
  1. 審査結果が合格ラインギリギリ
  2. 勤続年数が短い
  3. 借入残高が多い
  4. 支払い遅延歴がある
  5. スーパーホワイト

【1】申込者が審査基準ギリギリの場合は、念の為に在籍確認をするケースが多いと言われています。

【2】勤続年数が短かったり、転職した直後の場合は在籍確認が行われる可能性大。

【3】借入残高が多い場合も、念の為に在籍確認が行われる可能性が高まります。

【4】過去に支払遅延が合った場合、カード会社や個人信用情報機関に遅延情報が残るため、審査が厳しくなり、在籍確認も行われるのが普通です。

数日程度の支払い遅延なら2年で個人信用情報機関から記録が消えますが、悪質な場合は5年、もしくは10年記録が残ります。

【5】スーパーホワイトとは、個人信用情報機関にまったく情報が無い状態のことです。

一見良さそうに思えますが、実は問題有り。カード会社が得られる情報が少ないため、在籍確認が行われる可能性が高まります。

在籍確認が行われる可能性を下げる4つの要素

在籍確認が行われる可能性を低くするのは、次のような要素です。

在籍確認の可能性を低くする要因
  1. 信用情報が優秀
  2. 勤務先に変更がない
  3. カード会社の系列会社のサービスを利用済み
  4. 申込会社ですでにカードを使っている

【1】すでに他社のクレジットカードを長年使っており、毎月返済をきっちりしていると、良いクレジットヒストリーを積み重ねていることになります。

良いクレヒスがあると信用が高まるため、在籍確認をされる可能性は低下。

【2】申し込み時の勤務先と、個人信用情報機関に登録されている勤務先が同じ場合、在籍確認は省かれる可能性大。

【3】申し込み会社のグループ企業のサービスを利用している場合、すでに確認は取れているとして、在籍確認が行われないことが多くなります。

たとえば、「楽天証券」の利用者なら、「楽天カード」を作る時の在籍確認の可能性が低くなるということです。

【4】すでに同じクレジットカード会社のクレジットカードを使っている場合は、通常、在籍確認は行われません。

ただ、同じクレジットカード会社ならサービスも似たようなものですので、どちらかと言えば違うクレジットカード会社のカードを作ったほうがメリットが大きくなります。

在籍確認の可能性が低いおすすめクレジットカード2選

スピード審査をするクレジットカードは、在籍確認の可能性が低いと述べました。

実際に審査が早く、在籍確認の可能性が低いのは、次のようなクレジットカードです。

在籍確認の可能性が低いクレジットカード
  1. アメックス・ゴールド
  2. JCB一般カード

では、それぞれ見ていきましょう。

JCB一般カードは最短即日発行のため在籍確認を省ける

「JCB一般カード」は、国際ブランドであるJCBのクレジットカードです。

JCB一般カードも審査が早く、最短で「即日発行」「翌日お届け」となっています。翌日お届けになるくらいの信用状況であれば、在籍確認は省かれると考えて良いでしょう。

ただし、審査基準スレスレの信用状況の場合は、審査日数が伸び、在籍確認をされる可能性も高まります。

JCB一般カード
国際ブランド
年会費1,250円(税抜)※
※オンラインで申し込めば初年度無料
※条件を満たせば翌年度の年会費無料
還元率0.35~0.5%
電子マネーQuick Pay, Apple Pay, Google Pay

アメックス・ゴールドにはスピード審査がある

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと言えば、ステータスカードの代名詞です。しかし意外にもアメックス・ゴールドには「スピード審査」があります。

アメックス・ゴールドでスピード審査を行うためには、まずネットで申し込みをする必要があります。

このネット申し込みで、アメックス・ゴールドの審査基準よりも大幅に上回る申込者属性(年収、年齢、職業等)を持っていると、すぐに審査が終了。

早ければ「10秒」ほどで審査合格になります。こうなると即日カードが発行されるため、当然在籍確認などはありません。

自分の信用状況に自信があるなら、アメックス・ゴールドは手っ取り早く在籍確認を無くせるクレジットカードだと言えます。

ただし、このスピード審査に受かる人は裕福なごく一部の人だけで、ほとんどの人は審査に数日かかる一般審査行きのため注意。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費29,000円(税抜)
還元率1.0%
電子マネーApple Pay, Google Pay

在籍確認はすぐに終わる簡単な作業

クレジットカードを作るのに、在籍確認を心配する必要はありません。電話で、名前や生年月日などの簡単な質問をされるだけのことです。

実際に申込書に記載した会社に本人がいるかどうかを調べるだけですので、大抵は本人不在でも問題なく終了します。

それでも在籍確認が嫌だと言う人は、審査期間が短いスピード審査をするクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。

発行が早いクレジットカードの場合は、在籍確認をされる可能性が低くなります。

※ 掲載の情報は2020年4月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!