ETCカードを読まなくなった?クリーナーを使って車載器を掃除

車載器にETCカードを挿入してもエラーが出てカードを認識してくれないとか、挿入した時は大丈夫だったのに、料金所を通過しようとしたらゲートバーが開かなかったとか。

これは困りますよね。ETCカードか車載器の故障でしょうか。もちろんその可能性もありますが、再発行や修理依頼の前に試してみることはいくつかあります。その方法を見てみましょう。

まずは車載器から出るエラーコードをチェックして対策

ばかばかしいように思うかも知れませんが、カードの挿入方向を間違えるとエラーが出るのは当然ですね。

車載器は2ピースタイプの場合見えやすい位置にありますし、向きも水平なので挿し間違えることは少ないと思います。

一方、3ピースタイプの場合、特殊な位置への取り付けもありますから、必ずしも間違えないとは言い切れません。エラーが出たら挿入方向を確認しましょう。

エラーコードで判断するトラブルの内容と対処

車載器には簡単な診断モードがあって、エラーが出た時にその内容をエラーコードの形で教えてくれます。あまり複雑にするとかえってわかりにくくなるため、シンプルにまとめられています。

それぞれのエラーコード発出の際の内容と対処をまとめます。

  • エラーコード01(無線通信時):カードが入っていないか、カードの挿入不良
     →カードを挿入し直すか、間に合わない場合料金所係員の指示に従う
  • エラーコード02(カード挿入時):カードのデータが読み出せない
     →カードのICチップ端子が汚れている場合、きれいに拭く
  • エラーコード02(無線通信時):カードのデータの読み書きができない
     →料金所係員の指示に従う
  • エラーコード03(カード挿入時):ETCカードのICチップと接続できない
     →カードの向きを確認して入れ直す
     →カードがETCカードでなかった場合、正しいカードを入れる
     →カードのICチップ端子が汚れている場合、きれいに拭く
  • エラーコード04(電源投入時):車載器の動作不良
     →エンジンを切ってから、再度かけなおす
  • エラーコード05(カード挿入時):ICチップのデータが正しく読めなかった
     →ETCカード以外の物を挿していないか確認し、正しいカードを入れる
     →正しいカードだった場合、一度カードを抜いて再度挿入する
  • エラーコード06(無線通信時):無線通信エラーまたは車載器のセットアップエラー
     →料金所係員の指示に従う。その後検査と修理を依頼する
  • エラーコード07(無線通信時):無線通信エラー
     →料金所係員の指示に従う。
  • エラーコード11(無線通信時):カード書き込みエラー
     →入口ゲート通過後に発生した場合は、出口で一般ゲートを通り事情を説明する

良くあるエラーはこの9つのパターンです。

エラーの対処法については次の記事でも解説しています。

端子部分の掃除で何とかなることが意外に多い

さて、これらのエラーコードのうちどうしようもないのがエラーコード04が繰り返される場合です。

車のエンジンを掛けたらいきなり車載器からエラーコード04が出て、エンジンをかけ直しても繰り返される場合には車載器が壊れています。

工場へ持ち込んで修理を依頼して下さい。

一方、無線通信時にしかエラーが出ない01・02の一部・06・07・11は、カードなどをキチンとセットしたことを確認した上でもう一度ETCゲートに向かわないと原因がつかめません。

もし次の時に問題なく通れたとしたら、それはカードと車載器の接触不良と言うことになります。07と11については、たまたま電波状態が悪かっただけと言う可能性もあります。

そして、エラーコードの01・02・03・05・11については、ETCカードのICチップ端子と車載器の読み取り端子の接続がうまくいっていない場合にも起こります。

その原因の一つが端子の汚れです。汚れであれば拭きとってやれば直る可能性がありますね。具体的な方法は次に紹介します。

市販の接点クリーナーを使ってみるのも一つの方法

電気・電子楽器や、各種オーディオをよく使う人の場合、接点復活剤と言うスプレーを持っている人も多いでしょう。これを使ってはいけないとまでは言い切れませんが、使い方には注意が必要です。

むしろ市販の接点クリーナーなどを使って手入れするのが安全・簡単で良いでしょう。

ETCカードの端子部分は良く汚れるので手入れをする

ETCカードには、クレジットカードなどと同じ金色の四角い端子が付いていますね。ここに車載器の端子が接触することでICチップの中のデータを読み取ったり、ICチップにデータを書き込んだりしています。

カードも読取機も、端子部分は金メッキされていますので、メッキ厚を越えて傷つけたりしない限り錆びることはありませんが、汚れは付着します。

この端子部分が汚れてしまうと接触不良が起こってエラーが出る原因になります。さらに、カードが汚れたまま車載器に入れると、その汚れが車載器側の端子にも付いてしまうことがあります。

カードの場合抜きだせば簡単に掃除できますが、車載器内部の端子は簡単には掃除できませんね。普段からカードの端子をきれいにしておくことで、そうしたトラブルの確率を下げることができるのです。

ETCカードの端子の汚れは乾いた布か綿棒で拭きとればきれいになります。もし、財布の染料や素材の一部が付いてしまったような場合には、乾いたものでは取れないかもしれません。掃除には次のようなアイテムが使用可能です。

  • 綿棒
  • ティッシュペーパー
  • キッチンタオル
  • 毛羽立ちのない薄い布

また、乾拭きの他、次のような溶剤を利用しても良いでしょう。

  • エタノール
  • 接点復活剤

乾拭きだけで取れない汚れの場合は、綿棒に水やエタノールを浸して軽くこすり、その後で完全に拭き取って乾燥させてください。こする時は強くこすってはいけません。紙軸の綿棒が曲がらない程度の力で拭くと良いですね。

接点復活剤を持っているという人は、綿棒をティッシュなどの上に置いて、綿棒の先にスプレーしてからこすりましょう。接点復活剤には油が含まれていますので、関係ないところにつくと掃除が面倒です。

接点復活剤で掃除した後は、乾いた綿棒で油分をべたつかない程度までふき取ってからETCカードを利用して下さい。

油分が多く残っているとほこりがくっつきやすくなるので、逆効果になりがちです。

もし、接点復活剤を使ってみたいので購入するという人は、ペンタイプの物も売られていますから、それを購入すると飛び散らなくて便利です。一眼レフカメラで利用している人が多いと思います。

車載器の内部端子は専用クリーナーで掃除する

車載器の内部端子は、ふたを開けてカードをセットするタイプの車載器を除けば、本体を分解しないと外から触れることはできません。

そこで活躍するのが専用クリーナーです。カードリーダーを掃除するクリーナーにはいくつかの種類がありますが、間違ったものを買わないようにして下さい。使えるのは次のタイプです。

  • 乾式ETC車載器接点クリーナー
  • 湿式ETC車載器接点クリーナー
  • 乾式接触式ICカードリーダーライター接点クリーナー
  • 湿式接触式ICカードリーダーライター接点クリーナー

カードリーダーライター用と書いてあっても、「接触式ICカードリーダーライター」や「ETC車載器」と明記されていない場合は、異なるタイプのクリーニングカードであることが多いので注意が必要です。

いずれのタイプもETCカードと同サイズのクリーニングカードで、湿式はそのカードに垂らして使うクリーニング液がセットされています。

どちらのタイプも、ETCカードのICチップの端子の位置にクリーニングクロスが付いています。乾式はそのまま、湿式は付属のクリーニング液をクリーニングクロスに垂らしてから車載器に抜き差しします。

ただし、ICカードの読み取り部分には動くパーツがないので、自分で何度か挿したり抜いたりと言う動作を繰り返すことで接点を掃除します。挿して抜いたら終わりではありません。

一般的に乾式はクリーニング力が低いので、湿式の方がお勧めです。一方、価格的には倍以上違うことがありますから、接点復活剤を持っている人は乾式を買って、クリーニングクロスにそれを微量付けて使うのも一つの方法です。
クリーニングカードは消耗品です。湿式の場合、50回分くらいのクリーニング液が付いていますが、それがなくなったらカードごと新しいものにして下さい。

とは言え、それほど高頻度に掃除するものでもないので、50回分もあれば1年くらいは持つでしょう。

接点を汚さないことが基本中の基本

そもそもETCカードの接点はそんなに汚れるものではありません。頻繁に抜き差しする場合であっても、ETCカードと一緒にほこりや汚れを押し込まない限りエラーが頻発するようなことは珍しいでしょう。

ただ、社用車などでいろんな人が使う場合、中には行儀の悪い人がいるかも知れませんのでこうしたクリーニングカードは会社に備え付けておくと良いでしょう。2,000円くらいの物ですから、経費で落としてください。

車載器の挿入口は上に向けて設置しない

3ピースタイプの車載器の場合、アンテナと電源ケーブルが届く位置であれば、本体はどこにでもつけることができます。

しかし、例えばETCカードが挿入しやすいからと言って、カード挿入口を上に向けて取り付けるようなことは絶対にしないでください。カード挿入口は密閉されませんから、簡単にほこりやゴミが入ります。

低い位置で挿入口を上に向けたりすると、最悪の場合傘に就いた雨水や、うっかりこぼしたコーヒーが入り込む可能性だってあるのです。そうなったら、汚れを通り越して内部で故障が起こる可能性もありますね。

車載器は原則として水平に取り付けて下さい。もし縦向けに取り付けることがあったとしても、カードの挿入口が横にくるようにしてカードの長辺が床と水平になるようにセットしましょう。

また、カード挿入口の近くにはゴミが落ちないようにして下さい。

ETCカードをレシートやティッシュなどと一緒に押し込んでしまうと故障の原因になります。

ETCカードは届いた時の姿のまま使うこと

ETCカードにもサインパネルがありますから、サインしたインクが付きます。しかし、サインパネルはICチップの端子とは反対側の面にありますから、それが車載器の端子を汚す可能性はありません。

そして、サインパネル以外に何かを書くことはETCカードでなくても「カードを傷める行為」と取られても仕方ありません。

また、ETCカードにシールなどを貼ることも絶対にやってはいけません。

単にIC読み取り用の端子を汚すだけではなく、抜き差しの際に車載器の中で引っかかってカードが抜けなくなる可能性もあります。それにシールの粘着剤が車載器の端子に付着すると、クリーニングカードでも取れなくなることがあります。

ETCカードも車載器も大切に扱って下さいね。

あなたのコメントをどうぞ!