ETCカードの入れ方・抜き方を解説!入らないときの対処法と注意点

今後初めてETCを利用します!でももしETCレーンが開かなかったら後ろの車に迷惑になってしまうと思うと、きちんと動作するか不安です。
そんなトラブルを回避するためにしっかりと動作確認しておくことも大切です。

「ちゃんと動くのか不安」「カードの抜き方がわからない」なんて人のために、今回の記事ではETCカードの挿入方法と抜き方・動作の確認方法を詳しく説明していきます。

ETCの入れ方からやさしく解説していきますので、スムーズに高速道路を利用するための参考にしてくださいね。

ETCカードの入れ方(挿入)の手順

ETCカードを入れるときにはまず車のエンジンをかけましょう。エンジンをかけたら次の手順でETCカードを入れていきます。

  1. ETC車載器の電源をONにする
  2. 表向きでETCカードを車載器に挿す
  3. スタンバイインジケータが点滅から点灯になるか確認

ETCカードは「ICチップ」がついている方が表面、「署名」と「電話番号」が記載されている方が裏面となります。

ETCカードには表面には「矢印」がついているので、矢印の向きにあわせてカードを入れてください。

誤って入れるとICチップを傷つけたりする可能性があるので注意しましょう。

スタンバイインジケータとは緑色のランプのこと。正しく挿入された場合は点滅から点灯に変わるので必ずチェックしましょう。

ETCカードがうまく認識されない!考えられる原因をチェックしよう

ETCカードがうまく入らない・認識されなかったときは次の3つの点を確認してみましょう。

  • ETCカードの挿入向きが間違っている
  • 有効期限が切れている
  • ICチップが破損している

うまくカードを読み込んでいないときにはスタンバイインジケータが点滅していたり、カード入れ忘れ警告機能でカーナビにエラーメッセージが出てきたりします。

ETCカードの向きは正しい方向に入れ直せば解消されますが、有効期限が切れている場合は更新されて新しく届いたETCカードを入れなければ利用することはできません。

基本的に新しいカードは旧カードの有効期限が切れる前に発送されているため、まずは新しいETCカードが家に届いていないか確認してみましょう。

またICチップが破損している場合は再発行する必要があります。ETCカードの発行元に問い合わせてみましょう。

何かしらのエラーが出ているときは次の記事であてはまるものがないか確認してみてくださいね。

使い終わったら抜いて保管!ETCカードの抜き方の手順

ETCカードを使い終わって、車を離れるときには盗難防止のためにもカードを抜いておきましょう。

車載器からETCカードを抜くときには、挿入箇所の近くにある「イジェクトボタン」という取り出しボタンを押します。

車載器の種類によっては電源OFFにしてから抜くように決められていることもあるので、取扱説明書をよく読みましょう。

ボタンを押さずにカードを引っ張って取り出そうとするとETCカードが破損する恐れがあります。必ず取り出しボタンを押してからカードを引き抜いてください。

ETCカードの取り扱いは慎重に!取扱説明書をしっかり読んでおこう

ETCカードの車載器に挿入することはとてもシンプルな工程ですが、正しく機能していないとETCレーンの前で焦ってしまうことも。

ETCカードが正常に動いているのか不安という人は車や車載器を購入したディーラーやカー用品店で確認してもらうこともできます。

最初は何かあったときに係員の人が対応してくれる「ETC/一般レーン」を利用してみるのも良いでしょう。

ETCカードは薄いプラスチックでできたものなので、雑に扱うと傷つけてしまったり割れてしまう恐れがあります。、基本的な正しい挿入方法の知識をしっかりと身につけて安心安全なカーライフを楽しんでくださいね。

あなたのコメントをどうぞ!