iDにおすすめのクレジットカード3選!高いポイント還元率でお得

2005年から利用されている電子マネーiD。NTTドコモと三井住友カードが共同で開発運営しています。利用できる店舗が多いうえカードでもスマホでも使えるため、高い人気を誇る電子マネーです。

電子マネーiDの特徴は、後払いのポストペイ型、チャージするプリペイド型、口座の残金から支払うデビット型の3種類の中から支払い方法を選べること。カードでもスマホでも使えるうえ、かざすだけで支払いが完了するため使い方もとても簡単です。

電子マネーiDを使う際におすすめのクレジットカードは、dカード、三井住友カード、ライフカードの3つ。

dカードならば還元率は常に1%、三井住友カードであればコンビニやマクドナルドでの利用でポイント還元率が5倍になり、ライフカードならば誕生月の利用でポイント還元率3倍になります。

自分に合うクレジットカードを見つけ、iDをお得に使ってみましょう。

iDはドコモが開発した電子マネー!使い方や使い道は?

iDとは

NTTドコモと三井住友カードが共同で発行や運営を行っている電子マネーのこと。2005年から使われており、さまざまなクレジットカードに搭載されています。

iDの特徴は次の3点。

  • クレジットカードでもスマホでも利用可能
  • ポストペイ機能もプリペイド機能もデビット機能も使える
  • 使い方が簡単

それぞれの点について、詳しく見ていきましょう。

iDはクレジットカードでもスマホでも利用可能で便利!

電子マネーiDは、クレジットカードでもスマホでも使うことが可能です。

というのも、iD対応のクレジットカードだけでなく、おサイフケータイやApplePayでも使うことができるため。また、iDはスマホ決済できる場合がほとんどで、中にはスマホ決済のみ可能なカードも存在します。

iDはポストペイでもプリペイドでもデビットでもOKな万能電子マネー

iD最大の特徴は、次の3つの支払い方法を選択できること。

  • ポストペイ型
  • プリペイド型
  • デビット型
ポストペイ型とは

一般的なクレジットカード支払いと同じ方法のこと。利用金額は後日まとめてクレジットカードの指定口座から引き落とされます。

ポストペイのメリットは、事前にチャージする必要がないこと。ただし、利用金額がわかりにくく、使いすぎてしまう可能性もあります。

プリペイド型とは

あらかじめお金をチャージしておく方法のこと。

プリペイド型のメリットは、事前にチャージしなければならないため使った金額を把握しやすいこと。ただし、チャージする手間がかかります。

デビット型とは

口座内にあるお金を使い支払う方法。

デビット型のメリットは、口座内の残高以上の金額は使えないこと。使いすぎる心配がありません。

3つの支払方法の中から選べる電子マネーって、便利ですね!
実は、3つの支払方法を選択できる電子マネーは珍しいんです。iDは自分に合う支払方法を選べる、便利な電子マネーですよ。

iDの使い方は簡単!支払いの際はかざすだけ

iDの使い方は簡単です。

iPhoneでiDを使う場合は、WalletにiiD搭載のクレジットカードを登録します。Androidの場合は、GooglePayまたはiDアプリで登録を行いましょう。iD搭載カードの場合は、カードさえあれば支払いすることができます。

iDで支払う際は、iDで支払うことを伝えたうえでスマホやカードをかざすだけ。

サインなどの面倒な作業は必要ありません。

サインはしないんですよね。不正に利用される可能性はないのでしょうか?
iDの場合、一定額以上の利用をした際には、サインの代わりに暗証番号を入力することになっています。そのため、安心して利用することができますよ。

iDを使う場合におすすめの一体型クレジットカード3選!

iDに対応しているクレジットカードのうちおすすめは、次の3つ。

  • dカード
  • 三井住友カード
  • ライフカード

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

dカードはポイント還元率1%!dカードGOLDならばさらにお得

dカードは、iDと同じNTTドコモが発行しているクレジットカードです。

dカードの特徴は、ポイント還元率は常に1%であること。

100円(税込)につきdPOINTが1ポイント貯まります。また、ローソンでdカードを使うと買い物が3%オフになるうえ、ポイントも2%還元されるため、合計5%もお得に買い物することが可能です。

dカードには、お得なゴールドカードがあると聞いたのですが、どのようなカードなのでしょうか?
dカードGOLDといい、ポイント還元率が常に1%であるだけではなく特定の店舗では2%以上もポイントが貯まるカードです。一般的なdカードよりも大変お得ですよ。
dカード
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費初年度無料
2年目以降1,250円(税抜)
還元率1.00%~
電子マネーiD, Apple Pay, Google Pay

dカードGOLDのメリットは次の4点。

  1. 特約店ではさらにポイントが貯まりやすい
  2. dカードポイントUPモール経由でネットショッピングするとお得
  3. 空港ラウンジを無料で利用可能
  4. 海外旅行保険自動付帯

特約店であるマツモトキヨシの場合、通常のポイント還元にプラスしてさらに100円で2ポイント貯まりもの。特約店は様々な業種に存在しているため、ポイントをお得に貯めることができます。

dカードGOLD最大の特徴は、ドコモユーザーならばさらにお得な特典を受けられること。

ドコモユーザーがdカードGOLDを利用している場合に受けられる特典は次の2つ。

  1. 毎月のドコモ料金の10%をポイント還元
  2. 最大10万円ケータイ補償可能

ドコモユーザーが毎月支払っている利用料金。この利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント還元されます。

例えば、毎月10,000円(税抜)利用料金として支払っている場合は、毎月1,000ポイント還元されるもの。そのため、1年で12,000ポイントもの還元を受けることが可能です。

実は、dカードGOLDは年会費が10,000円(税抜)かかります。ですが、毎月10,000円以上利用料金として支払っているドコモユーザーならば、年会費以上のポイントを受け取ることができるため、年会費を支払わなければならないとしても損にはなりません。

また、dカードGOLDには、ケータイを紛失した、壊した、盗難されたといった場合に、同じケータイの購入を最大10万円まで補償してくれるケータイ補償が付帯されています。

ケータイを購入してから3年間は補償されるため、万が一スマホなどを使えなくなったとしても心配する必要がありません。

dカード GOLD
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費10,000円(税抜)
還元率1.0%~
電子マネーiD, VISAタッチ, Apple Pay, Google Pay

三井住友VISAカードはステータス性の高さが特徴!特定店舗では還元率5倍

iDの運営にも関わっている三井住友VISAカード。三井住友カードはステータス性が高く、使い続けることで最高ランクであるプラチナを目指そうとする人も多くいます。

三井住友VISAカードでiDを使うには、次の4つの中から自分に合う方法を選ばなければなりません。

  1. 専用カード
  2. クレジットカード一体型
  3. ApplePay
  4. GooglePay

専用カードとは、クレジットカードとは別に発行するiD専用のカードのこと。年会費発行手数料無料で発行することができます。

クレジットカード一体型とは、クレジットカードにiD機能も追加されたカードのこと。追加で新しいカードを保有する必要がないためカードを1枚にまとめたい人におすすめです。

三井住友VISAカードでiDを利用するメリットは、コンビニやマクドナルドでの利用において還元ポイントが常に5倍になること。

具体的な対象店舗は次の4つ。

  1. セブンイレブン
  2. ファミリーマート
  3. ローソン
  4. マクドナルド
コンビニよく立ち寄るので、5倍はありがたいです。
そうですね。これらの店舗でiDやクレジットカード決済を利用すると、利用金額250円につきポイントを1ポイントもらえるため、獲得できるポイントは5倍になるんですよ。
三井住友カード
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費1,250円(税抜)
還元率0.3~
電子マネーiD, Apple Pay, Google Pay

ライフカードはポイントが貯まりやすい!誕生月ならばポイント3倍

ライフカードの特徴は、ポイントが貯まりやすいこと。

ライフカードは1,000円利用した場合、1ポイント貯めることができるのはもちろん、ステージ制プログラムというシステムもあります。

ステージ制プログラムとは

決められたプログラム期間に利用した金額によってポイントが貯まる倍率が変わるプログラムのこと。もらえるポイントは、1年間に50万円以上利用すると1.5倍、100万円以上だと1.8倍、200万円以上だと2倍になります。

そのうえ、誕生月にカードを利用すると、基本ポイントが3倍。どこで利用しても基本ポイントが3倍になるため、大変お得です。

ポイント3倍ってすごいですね!
そうですね!誕生月に大きな買い物をすると、とてもお得にポイントを貯めることができます。
ライフカード
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費無料
還元率0.5%
電子マネーApple Pay, Google Pay

iDは万能電子マネー!おすすめのクレジットカードで利用してみよう

iDは、カードやスマホをかざすことで決済できる電子マネーです。

iDは、後払いのポストペイ型や事前チャージするプリペイド型、口座から利用金額を引き落とすデビット型など、支払方法を3種類の中から選ぶことができます。

そのうえ、使い方はとても簡単。iDで使うことをレジで伝えカードやスマホをかざすだけ。面倒なサインなどは必要ありません。

おすすめのクレジットカードは、dカードと三井住友カード、ライフカードの3つ。どれもポイントが貯まりやすいカードばかりです。

iDをよりお得に利用できるクレジットカードを選び、iDを使ってみましょう。

※掲載の情報は2020年4月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!