出光カードはガソリン給油時にお得なクレジットカード

「出光カード」は、出光クレジット株式会社が発行しているクレジットカードです。出光クレジットは、出光興産とクレディセゾンの折半出資。

出光興産の子会社だけあって、出光カードは「出光のサービスステーション」で利用した場合にお得なクレジットカードとなっています。

この記事で紹介するのは、出光カードのメリットやデメリットについてです。また、どんな人に出光カードが適しているのかも解説していきます。

出光カード
注目ポイント
  • ポイントコースと値引きコースの2つある
  • ウェブ明細を選ぶとガソリン代が安くなる
  • ETCカード・ロードサービスの初年度の年会費が無料
  • 西友・リヴィン・サニーをお得に利用できる
国際ブランド
電子マネー
カード情報内容
発行元出光クレジット株式会社
年会費1,250円(税抜)
申込資格18歳以上(高校生を除く)
還元率1.0%(ポイント以外だとガソリン代リッター当たり最大20円値引き)
追加カードETCカード(年会費無料)
家族カード(最大4枚まで、初年度無料、年会費税抜400円)
キャンペーン情報

入会後1カ月間、出光スーパーゼアス(ハイオク)・出光ゼアス(レギュラー)・軽油が10円/L引きに!

ポイント以外とは、どういうことでしょうか?
出光カードは、普通のクレジットカードのようにポイントをもらうコースと、ガソリン代を値引きしてもらえるコースのどちらか好きな方を選べるんです。

出光カードは2つのコースから選べる!

出光カードには、次の2つのコースから選ぶことができます。

  • た~まるコース
  • ね~びきコース

それぞれのコースについて説明していきます。まず、た~まるコースについてからです。

出光カードのポイントコースは高還元率で使いやすい

ポイントが貯まる「た~まるコース」の場合、出光カードを100円利用するごとに1ポイント獲得可能です。

さらに、「出光カードモール」経由でネットショッピングをすると、獲得ポイントが最大30倍まで増加。

貯めたポイントは、1,000ポイントごとに1,000円分として、カード利用料金から割り引くことができます。

また、「楽天スーパーポイント」や「dポイント」と交換することも可能。そちらも1ポイント1円相当ですのでキャッシュバックの場合と価値は変わりません。

ただしJALかANAの「マイル」を集めている人は、マイルと交換するのもアリです。1プラスポイントが0.5マイルになりますので、なかなか良いマイル交換比率なんですよ。

また、出光サービスステーションの支払いを出光カードで行い、なおかつ「リボ払い」か「分割払い」にすると利用分はポイントが2倍になります。

ポイント2倍なら、分割払いを使ったほうがお得でしょうか?
いえ、リボ払いにしても分割払いにしても手数料を取られてしまいますから、得にはなりませんね。

他に出光カードのた~まるコースには、年間獲得ポイント(年間利用額)による次のようなボーナスもあります。

年間獲得ポイントによるボーナス
年間獲得ポイント ボーナスポイント
2,000ポイント 200ポイント
3,000ポイント 300ポイント
以降1,000ポイント増えるごと 100ポイントずつ増加
このボーナスポイントがあるため、出光カードの還元率は実質1.1%なんです。出光カードは、自動車をよく利用する人にとってもお得なクレジットカードなんです!

次にね~びきコースについて詳しく説明していきますね。

出光カードのね~びきコースは最高リッター20円引き

ね~びきコースの場合、「月間利用額」に応じて出光サービスステーションでの給油に割引ボーナスが付きます。

「年間」利用額ではなく、「月間」利用額であることに注意してください。出光カードを使った2カ月後に、給油割引が適用されます。

月間利用額による給油割引
月間利用額 リッター当たりの値引き額
5,000円以上 0.5円
10,000円以上 1円
20,000円以上 2円
以降1万円増えるごと 1円ずつ増加
20万円以上 20円

月間利用額が20万円を超えると、それ以上ガソリン代は下がりませんが、代わりにプラスポイント(還元率1.0%)が貰えるようになります。

「レギュラーガソリン」「ハイオクガソリン」「軽油」は上の表の通りの割引ですが、「灯油」は値引き額が半分です。つまり、1万円で0.5円値引き、最高10円引き。

また、値引きされる給油量には制限があります。レギュラー、ハイオク、軽油は、それぞれ月間150リットルまで、灯油は月間300リットルまでです。

出光カードはウェブステーションに登録してのウェブ明細がお得

出光カードのインターネット会員サービスに「ウェブステーション」があります。

このウェブステーションに登録し、なおかつカード明細を「ウェブ明細」に変えると、毎月10ポイントを獲得可能。

さらに毎年4月11日から5月10日まで、ガソリン・軽油がリッター当たり3円値引きされます。

ただしこの値引きがされるのは、最大100リットルまでという制限有り。

出光カードはETCカードが無料!初年度はお得なサービスも

出光カードは、「ETCカード」を年会費無料で作成できます。家族会員もETCが作れ、こちらも年会費無料。

さらに初年度は、「カード年会費」と「ロードサービス料金」も無料です。

出光カードのロードサービスでは、「バッテリーあがり」「ガス欠」「キー閉じ込み」「タイヤ交換」「落輪」などの応急処置をしてくれる他、「レッカーサービス」も利用できます。

同じようなサービスを提供している「JAF」と契約する場合は、年会費4,000円(不課税)、入会金2,000円(不課税)も必要になるので、出光カードを作るとかなりお得です。

2年目以降は、ロードサービスの年会費を取られてしまいますが、その額は「750円(税抜)」。2年目以降でも、JAFよりかなりお得だと言えますね。

このようにお得なロードサービスですが、すでにJAFなどでロードサービス契約をしている場合は注意が必要。

出光カードのロードサービスは、手続きをしない限り2年目以降も自動的に継続されてしまいます。

それまで入っていたロードサービスをやめるか、2年目に出光カードのロードサービスを継続しないよう手続きするか、どちらかを選びましょう。

出光カードは西友やリヴィン・サニーでお得

出光カードを使って、「西友」「リヴィン」「サニー」で買い物をすると割引特典が受けられます。

2019年10月1日から2020年3月31日までは、毎日3%割引。

毎月第1・第3土曜日は5%割引です。ただし、3%割引と5%割引は重複しません。

また、楽天西友ネットスーパーでの利用は、5%割引の対象外です。

出光カードの2つのデメリット

出光カードには、次のようなデメリットがあります。

出光カードのデメリット
  1. 年会費有料なのに保険が付いていない
  2. 出光サービスステーションを使わないとメリットが少ない

では、それまで見ていきましょう。

出光カードには保険が付いていない

出光カードは年会費が1,250円(税抜)もかかるにしては、盗難・紛失補償以外の保険が付帯していません。

保険が付いていないクレジットカードは他にもありますが、大抵の場合は年会費無料や500円以下などの格安カードです。

海外に行く人や、出張が多い人の場合、「旅行傷害保険」が無いのは不安。また、大きな買い物をする人の場合は、「ショッピングガード保険」が無いのが不安です。

逆に言うと、あまり旅行をしなかったり、高価な買い物をクレジットカードでしないという人なら、保険が無いことはデメリットになりません。

旅行保険が付帯されている他のクレジットカードを作っておくのも1つの手ですね。

出光カードは出光サービスステーションを使わないと価値が落ちる

出光カードを有効活用するには、出光サービスステーションで給油することが必要になります。

そのため、最寄りに出光サービスステーションが無い人の場合、出光カードを使いこなすのは難しいでしょう。

ガソリン割引コースでなく、ポイントを貯めるコースにすれば還元率1.0%(実質1.1%)で使えるため、悪くはありません。

出光カード
国際ブランド

車に乗るなら出光カードの給油割引を使うのがお得!

出光カードは、出光サービスステーションでの「給油割引」に特色があるクレジットカード。月間利用額が多いほど、給油時の割引率が高くなります。

最大でリッター当たり20円割引という、驚異的値引きになりますので、自家用車を持っている人なら、出光カードを作っておいて損はありません。

ただし、自宅や勤め先の近辺に出光サービスステーションが無いなら、宝の持ち腐れになります。

ポイント還元率は高いのですが、給油価格割引以外のサービスは芳しくないため、給油割引を使えない環境なら他のクレジットカードを利用しましょう。

※ 掲載の情報は2020年2月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!