MUFGカード・ゴールド・アメックスは年会費が安いゴールドカード!

「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」は、三菱UFJニコス株式会社のクレジットカードです。

MUFGカード・ゴールド・アメックスは、三菱UFJ銀行に関係した銀行系クレジットカードのため、信販系や流通系のクレジットカードなどより信頼性が高くなっています。

その上、MUFGカード・ゴールド・アメックスは、ゴールドカードとしては非常に安い年会費設定のため、初めてのゴールドカードに最適。

年会費は安いものの、もちろん旅行傷害保険などの基本的なサービスは整っています。

この記事で紹介するのは、MUFGカード・ゴールド・アメックスの特徴やデメリットについてです。

三菱UFJニコス株式会社と提携していない、通常のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードについては、次の記事でご紹介しています。

MUFGカードのゴールドカードである「MUFGカード ゴールド」については、次の記事を参考にしてください。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
注目ポイント
  • 特定条件で還元率が上がる
  • デュアルスタイルが可能
  • 追加カードで銀聯カードを作れる
  • 空港でラウンジが利用できる
国際ブランド
電子マネー
カード情報内容
発行元三菱UFJニコス
年会費初年度無料
1,905円(税抜)
申込資格18歳以上(学生を除く)
安定した収入がある
還元率0.3~
追加カードETCカード(年会費無料)
家族カード(年会費税抜400円)
 ※1名のみ年会費無料
銀聯カード(新規発行手数料税抜1,000円)
限度額10~200万円
海外旅行傷害保険最高2,000万円
国内旅行傷害保険最高2,000万円
キャンペーン情報

2020年6月30日までに入会すると、利用金額の20%が戻ってきます!(最大10,000円)

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、ゴールドカードなのに18歳以上から申込みができるんですね。
ええ、年会費も安めですし、MUFGカード・ゴールド・アメックスは、ゴールドカードを初めて作る人に向いています。
MUFGカード・ゴールド・アメックスには、「渡航便遅延保険」なんていう珍しい保険まで付帯しているんですね。
そうなんです。

広く浅くサービスを展開しているのが、MUFGカード・ゴールド・アメックスの特徴と言えるでしょう。

MUFGカード・ゴールド・アメックスの6つの特徴

MUFGカード・ゴールド・アメックスには、次のような特徴があります。

MUFGカード・ゴールド・アメックスの特徴
  1. 特定条件で獲得ポイントに倍率がつく
  2. デュアルスタイルが可能
  3. 追加カードで銀聯カードを作れる
  4. 一部の空港でラウンジを利用できる
  5. 各種保険が付帯
  6. 金融取引サービスがある

では、それぞれについて見ていきましょう。

MUFGカード・ゴールド・アメックスは特定条件でポイントの還元率が上がる

MUFGカード・ゴールド・アメックスは、次のような場合に、獲得するポイントに倍率補正がかかります。

MUFGカード・ゴールド・アメックスのポイント倍率発生条件
ポイントアップ条件 ポイント倍率
海外で利用する 2倍
入会初年度 1.5倍
記念月※(任意指定可能)に利用 1.5倍
前年利用額が年間50万円以上 1.2倍
前年利用額が年間100万円以上 1.5倍
※自分の好きな月を設定することが可能

他に、利用期間が長くなると有利になる「プレミアムスタープログラム」もありますよ。

プレミアムスタープログラムでは、1年間カードを保持する(年会費を払う)か、年間利用額が50万円を超えた場合に、スターマークが1つ貰えます。

つまり年会費と、利用額で1年に最大2つのスターマークが獲得可能。スターマークが5つ貯まると、「ファイブスターメンバー」として「プレミアムBONUS」を得られます。

プレミアムBONUSでは、前年の利用額によって次のようなポイントボーナスがもらえます。

プレミアムBONUSの条件とポイント倍率
前年利用額 ポイント倍率
50万円以上 1.1倍
100万円以上 1.2倍

このように、利用期間が長くなり、年間利用額が増えるほど、MUFGカード・ゴールド・アメックスはお得に使えるようになります。

MUFGカード・ゴールド・アメックスにはデュアルスタイルがある

MUFGカード・ゴールド・アメックスには、「デュアルスタイル」の利用が可能です。

デュアルスタイルとは、American Express以外に他の「国際ブランド」のMUFGカードを同時に持つこと。

複数の国際ブランドのクレジットカードを持つことにより、より多くのお店に対応できる、各国際ブランド独自のサービスを利用できる、といったメリットがあります。

しかもデュアルスタイルの場合、2枚めのカードの年会費はかなり安くなります。VISA、Mastercard、JCBのどの国際ブランドを選んでも年会費は250円(税抜)です。

ただしデュアルスタイルにすると、年間利用額によるポイント倍率を得られなくなります。

年に50万円以上利用してもポイントは1.2倍にはなりませんし、100万円以上使っても1.5倍にはなりません。

そのため、国際ブランドを複数持つ明確な利点が見えていないなら、デュアルスタイルは使わないほうが無難です。

MUFGカード・ゴールド・アメックスは追加で銀聯カードを作れる

MUFGカード・ゴールド・アメックスは、追加カードとして銀聯カードを発行することができます。

中国での国際ブランド利用状況は、「銀聯」1強のため、中国に行く際は銀聯カードを持っていくのが便利。

しかし日本で銀聯カードを手に入れられる手段は少ないため、MUFGカード・ゴールド・アメックスで作れる銀聯カードは大きな価値があります。

ただし銀聯カードは新規発行手数料として1,000円がかかりますので、中国に行く予定がない人はわざわざ作る必要はありません。

デュアルスタイルにすると付帯保険はどうなるのでしょうか?

補償額も2つ分になるなら、かなり有用な手段ですよね。

残念ながら、デュアルスタイルにしても補償額は増えませんよ。

MUFGカード・ゴールド・アメックスは一部の空港ラウンジを利用可能

MUFGカード・ゴールド・アメックス会員は、次の空港のラウンジサービスを利用できます。

MUFGカード・ゴールド・アメックスで利用可能なラウンジがある空港
  1. 成田国際空港
  2. 羽田空港
  3. 関西国際空港
  4. 中部国際空港
  5. 新千歳空港
  6. 福岡空港
  7. ダニエル・K・イノウエ国際(ホノルル)

空港ラウンジ利用権というのは、クレジットカードの付帯サービスとして定番のもの。

しかし大抵の場合、国内主要空港30カ所程度でラウンジが利用できます。

MUFGカード・ゴールド・アメックスのように、7つの空港ラウンジしか使えないのは珍しい例。

とはいえ、使用人口が多い空港はカバーしていますので、これだけで十分という人も多いでしょう。

MUFGカード・ゴールド・アメックスは付帯保険が充実

MUFGカード・ゴールド・アメックスには、次の4つの保険が付帯しています。

MUFGカード・ゴールド・アメックスの付帯保険
  1. 海外旅行傷害保険最高2,000万円(自動付帯)
  2. 国内旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)
  3. ショッピング保険最高100万円
  4. 国内渡航便遅延保険最高2万円(利用付帯)

これらの4つの保険は、補償額自体は大きいものではありませんが、年会費から考えると十分に優秀。

また、利用する可能性が高い、「国内渡航便遅延保険」が付いているのが良い点です。

MUFGカード・ゴールド・アメックスには金融サービスがある

MUFGカード・ゴールド・アメックスを持っていると、「三菱UFJ銀行」や「三菱UFJファイナンシャルグループ」で優遇サービスを受けることが可能。

たとえば三菱UFJ銀行なら、「ATM手数料」が無料になったりしますし、三菱UFJ信託銀行なら「遺言信託手数料」が割引されたりします。

各特典の詳しい内容については、公式サイトなどでご確認ください。

MUFGカード・ゴールド・アメックスは明細書発行が有料

MUFGカード・ゴールド・アメックスは、「利用明細書」を郵送して貰う場合に、発行手数料として1回90円(税抜)かかります。

ほとんどのクレジットカードで明細書発行が無料なのに対して、発行手数料を取られるというのはMUFGカード・ゴールド・アメックスの大きなデメリットです。

MUFGカード・ゴールド・アメックスだと、明細書を貰うだけでお金を取られるんですか!?
そうなんですよ。

明細書を郵送にしていると、年に1,080円かかってしまいます。

ただし、「WEB明細書」を選んだ場合は、費用がかかりません。基本はWEB明細書にしておくのがおすすめですよ。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・ゴールド・アメックスは初めてのゴールドカードに最適

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、銀行系クレジットカードでありながら、年会費が安いゴールドカードです。

そのため、年会費を抑えてゴールドカードを使いたいという人には、非常にマッチしています。

また、MUFGカード・ゴールド・アメックスは、保険などのサービスも、年会費から考えて十分なレベルで整っているためおすすめ。

ただし、MUFGカード・ゴールド・アメックスは、明細書が「有料」というデメリットも持ちます。

WEB明細書が使いにくいという人は、他のクレジットカードを選びましょう。

※ 掲載の情報は2019年12月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!