三菱UFJデビットカードとは?VISAとJCBの特徴もご紹介

「クレジットカード便利だから使いたいけれど、使い過ぎが心配」という方におすすめなのが、デビットカード。利用料金が口座から即引き落とされるため、使い過ぎることがなく安心して利用できるカードです。

デビットカードの中でも、VISAかJCBどちらか選べるうえ、補償内容も充実しているのが、三菱UFJデビットカード。

利用すればすぐにお知らせメールが届くため、利用金額がすぐにわかります。そのうえ、中学生を除く15歳以上の普通預金口座保有者ならば誰でもカード作成可能。お子様にもおすすめです。

三菱UFJデビットカードは、VISAならば毎月の利用料金のうち0.2%が自動的にキャッシュバック、JCBならばOkiDokiポイントが貯まっていきます。

海外でも使えることも、三菱UFJデビットカードの大きな特徴。海外ATMで現地通貨を引き出すこともできます。ただし、暗証番号はデビットカードのもの。銀行の暗証番号と間違えないようにしましょう。

使い過ぎを防げるうえ大変便利な三菱UFJデビットカードについて見ていきましょう。

三菱UFJデビット
注目ポイント
  • VISAとJCBが選択できる
  • 保険が充実している
  • メールですぐに利用明細が届く
  • 高校生でも申し込める
国際ブランド
電子マネー
カード情報内容
発行元三菱UFJ銀行
年会費無料
申込資格・普通預金口座を持っている個人・個人事業主
・15歳以上(中学生を除く)
・日本国内に住んでいる
還元率VISA:0.2% JCB:0.3~0.5相当
限度額設定可能

三菱UFJデビッドカードとは?VISAかJCBか選択可能

三菱UFJデビッドカードとは

三菱UFJ銀行が発行するデビットカードのこと。キャッシュカードさえあれば、簡単な手続きで使い始めることができます。

デビットカードの場合、利用するとすぐに口座からお金が引き落とされるもの。利用金額が後日まとめて引き落とされるクレジットカードと違い、使い過ぎる心配がありません。

三菱UFJデビットカード最大の特徴は、VISAまたはJCBのどちらかを選べること。

VISAとJCB、どちらもよく聞く名前ですよね。
VISAとJCBはどちらもクレジットカードの5大国際ブランドに入っており、国内外問わず使えるお店がとても多いのが特徴です。
VISAとJCBはどう違うのでしょうか?
JCBは国内では多くの店舗で使えるものの、海外では使える場所が少ないという欠点があります。

それに対してVISAは海外でも使える店舗が多いため、海外でよく行く人にはVISAがおすすめですよ。

三菱UFJデビッドカードVISAとJCBどちらにも共通するメリット5点

三菱UFJ-VISAデビットカードと三菱UFJ-JCBデビットカードに共通するメリットは次の5点。

  • 保険や補償内容が充実
  • 利用明細がすぐに届く
  • 審査の必要なし
  • 様々な場所で使える

それぞれの点について見ていきましょう。

三菱UFJデビットカードは保険や補償内容が充実している

三菱UFJデビットカードは、VISAを選んでもJCBを選んでも、保険や補償内容が充実しています。国際ブランド別に保険や補償内容を見てみましょう。

三菱UFJ-VISAデビットの保険や補償内容
三菱UFJ-VISAデビット
旅行保険 なし
ショッピング保険 海外:年100万円
(自己負担5,000円/1事故)
国内:年100万円
(自己負担5,000円/1事故)
補償 不正利用補償:最大100万円/1年
三菱UFJ-JCBデビットの保険や補償内容
三菱UFJ-JCBデビット
旅行保険 海外:最大3,000万円(死亡後遺障害)
国内:最大3,000万円(死亡後遺障害)
ショッピング保険 海外:年100万円
(自己負担10,000円/1事故)
国内:なし
補償 不正利用補償:最大500万円/1事故あたり

ショッピング保険は、クレジットカードでは一般的ですが、デビットカードにショッピング保険がついているものは、ほとんどありません。

保険や補償が充実しているデビットカードを選びたい人には、三菱UFJデビットカードはおすすめです。

三菱UFJデビットカードならば、デビットカードであっても安心してショッピングや旅行を楽しむことができるでしょう。

三菱UFJデビットカードは利用お知らせメールがすぐに届く

三菱UFJデビットカードならば、カードを利用すると登録してあるメールアドレスに「利用お知らせメール」がすぐに届きます。

カードを使うとすぐにメールが届くのは、うれしい機能です!
クレジットカードの場合は利用履歴がすぐに反映されない場合も多いですし、すぐにメールで届くのはとてもありがたいですよね。

VISAならば「VISAデビット会員用Web」、JCBならば「My JCB」にログインすれば、利用履歴を簡単に確認することができます。そのうえ、利用の限度額も設定可能。使いすぎを防げる機能が数多くあります。

三菱UFJデビットカードならば審査なし

三菱UFJデビットカードの場合、クレジットカードとは異なり審査がありません。

普通口座を持っている中学生を除く15歳以上の人であれば、誰でもデビットカードを利用することができます。

三菱UFJデビットカードならば、利用可能金額は口座にある金額のみ。そのため、お子様にもピッタリのカードです。

三菱UFJデビットカードは様々な場所で使用可能!

三菱UFJ-VISAデビットカードならばVISAの加盟店、三菱UFJ-JCBデビットカードならばJCB加盟店で使うことができます。どちらも加盟店が多いため様々な場所で使うことが可能です。

ただし、使えないところもあります。使えない代表的な例は次のとおり。

  1. ガソリンスタンド
  2. 機内販売
  3. 高速道路

これらの場所では、デビットカードを使えない場合もあると覚えておきましょう。

三菱UFJ-VISAデビットカードは金額に応じて自動キャッシュバック!

三菱UFJ-VISAデビットカード最大のメリットは、カードの利用金額に応じて自動キャッシュバックされること。

毎月25日、利用金額引き落とし口座に1カ月の利用金額の0.2%が自動的に振り込まれます。

ポイントならば使い忘れて失効してしまうこともあるものの、自動キャッシュバックならば忘れるということがありません。

三菱UFJ-VISAデビットカードは、スマホでの支払いにも対応していると聞いたのですが、本当ですか?
本当ですよ。MUFG WalletやGoogle Payにも対応しているので、スマホのみで決済することができ便利です。

三菱UFJ-JCBデビットカードはOkiDokiポイントが貯まる!

三菱UFJ-JCBデビットカードの特徴は、OkiDokiポイントが貯まること。1,000円(税込)ごとに1ポイント貯まり、還元率は0.3~0.5%程度です。

貯めたOkiDokiポイントは、様々なアイテムに交換することも、提携ポイントと交換することも可能。キャッシュバックを選ぶこともできます。

また、三菱UFJデビットカードは、Apple PayとGoogle Payにも対応。

スマホで簡単に決済することができます。

三菱UFJデビットカードを海外で使う際の注意点4つ

三菱UFJデビットカードは、海外で使うことはもちろん可能です。海外でできることは次の2つ。

  • デビットカードとしての決済
  • 海外のATMで現地の通貨引き出し
海外のATMで現地通貨を引き出せるのは、とても助かりますね!
そうですね。ただし、海外でデビットカードとして使う場合もATMを使う場合も注意しなければならない点がありますよ。

海外で三菱UFJデビットカードを使う場合の注意点は次の4点。

  1. 海外ATMでの暗証番号はデビットカードのもの
  2. 口座残高の確認
  3. 海外のATM利用手数料は110円(税込)
  4. 海外ATMでの引き出し限度額は1日10万円

中でも重要なのが、暗証番号。

海外のATMで銀行ATMの暗証番号を入力してしまい一定回数以上間違うと、デビットカード自体使えない事態となり、カードを再発行しなければなりません。

また、口座残高がなければデビットカードでお金を引き出すことは不可能です。海外に渡航する前に、口座残高をしっかりと確認しておきましょう。

三菱UFJデビットカード
国際ブランド

三菱UFJデビットカードは使い過ぎが心配な人におすすめ!

三菱UFJデビットカードは、クレジットカードのように後日まとめて支払いするのではなく、利用すればすぐに口座から引き落としされます。使い過ぎが心配な人にもおすすめのカードです。

三菱UFJデビットカードは、保険や補償内容がクレジットカード並みに充実しているのが特徴。

そのうえ、VISAかJCBから選ぶこともでき、VISAならば自動キャッシュバック、JCBならばOkiDokiポイントが貯まります。

三菱UFJデビットカードは、海外ATMで現地通貨を引き出すことも可能であるうえ、VISAやJCB加盟店ではデビットカードとして利用することももちろん可能。

使い過ぎが心配でクレジットカードを使えない人にも、三菱UFJデビットカードはおすすめです。

※ 掲載の情報は2020年7月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!