マイ・ペイすリボとは?2021年2月からの改悪について解説します

「マイ・ペイすリボ」は、三井住友カード株式会社が発行しているクレジットカードなどで使うことができる「支払い方式」の1つです。

このマイ・ペイすリボを使って、カードの年会費を無料にしたり、半額にしたりできるテクニックがありました。

しかし、三井住友カード株式会社では、マイ・ペイすリボの「改悪」により、このテクニックのデメリットが大きくなってしまいました。

この記事では、「マイ・ペイすリボ」とは何なのか説明します。また、三井住友カード株式会社のマイ・ペイすリボが、どう改悪されるのかについても詳しく解説していきます。

マイ・ペイすリボはクレカの支払いが自動的にリボ払いになるシステム

まず、「マイ・ペイすリボ」が何かよくわからない、という方のために、マイ・ペイすリボについて説明します。

マイ・ペイすリボとは、「マイペース・リボルビング払い」の略で、毎月のクレジットカードの支払いを「リボ払い」にするものです。

普通、リボ払いを使う時は、商品購入時に「リボ払いで」と店員に伝えますが、マイ・ペイすリボの場合、通常の支払いすべてが「自動的」にリボ払い設定されます。

いちいち店員に「リボ払いで」とか言ったりするのは面倒ですからね。

そういう意味では、マイ・ペイすリボにしておけば手間が省けて便利かも?

まあ、便利なシステムだと言えなくもありませんが・・・。

でも、あくまでリボ払いですので、当然リスクもありますよ。

マイ・ペイすリボでは支払い額で決めた金額だけを毎月支払う

マイ・ペイすリボでは、5,000円を最低額として(ゴールドカードなどは最低10,000円という場合も)、「毎月の支払い額」を自分で設定。

その設定金額を超えた分の支払いは、次の月以降に持ち越されます。

たとえば、毎月の支払い額を10,000円に設定してあった場合に、その月の支払いが15,000円だったなら、5,000円が未払い分として繰り越しに。

そして未払い残高には、「利息(手数料)」がかかってしまいます。

少額ならたいしたことはないと思われるかもしれませんが、毎月未払いの繰り越しが行われると、雪だるま式に未払い額と、それにかかる手数料が増えていき危険です。

マイ・ペイすリボは手数料の利率が15.0%と高額

マイ・ペイすリボの具体的な数値データは、次のとおり。

マイ・ペイすリボの基本情報
項目 内容
手数料 実質年率15.0%(カードの種類によって異なる場合も)
リボ払い利用枠 0~200万円(カードの種類によって異なる)
最低設定額 5,000円(カードの種類によっては10,000円)

マイ・ペイすリボで目を引くのが、実質年率の「15.0%」。これは、借り入れ金利の上限と言ってもよいほどのものです。

「利息制限法」によって、業者がお金を貸す時の上限金利は次のように決まっています。

利息制限法による借り入れ額と上限利率
借り入れ額 上限利率
10万円未満 年20.0%
100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

マイ・ペイすリボの年率15.0%というのは、借り入れ額を問わずに設定できる法定金利の上限で、「消費者金融」の利率とほぼ同じ設定です。

これを見ても、カード会社が、リボ払いでは限界いっぱいまで手数料を取ろうと考えているのがわかります。

つまり借り手から考えると、リボ払いはそれだけ損の大きい支払い方式というわけです。

マイ・ペイすリボのメリットとデメリット

マイ・ペイすリボのメリットとデメリットは、次のとおり。

マイ・ペイすリボのメリットとデメリット
要素 メリット デメリット
金銭面 年会費が安くなる
獲得ポイントが増える
金利手数料が高い
生活面 毎月の支払い額を一定にできる 借入残高がわかりにくくなる
金銭感覚が狂う

では、メリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

マイ・ペイすリボは手数料がネック!油断していると破産までありうる

上にも書いたとおり、マイ・ペイすリボは手数料が高額です。さらに、借入残高が増えるほど、支払いが長期化し、返済増額が増えるようになっています。

たとえば、元利定率払いで「20万円」を借り、毎月の返済額を「1万円」に設定した場合、全額返済に24回かかり、手数料は「31,581円」。

これを、見ると破産なんて大げさだ、と思われるでしょう。しかしこれは、最初に大きな買い物をした後、一切クレジットカードを使わなかったという想定の話です。

実際は、公共料金の支払いや買い物などで毎月カードを使うはずです。

もしも設定額1万円のうち、毎月平均7,000円は何かに使い、返済額が3,000円にしかならなかったら、支払い総額は次のようになります。

支払い回数145回、手数料「232,704円」。最初に借りた金額を、手数料が上回ってしまいました。

マイ・ペイすリボを使うと、毎月ちゃんと返済している気分になり、借入残高の把握がおろそかになりがちです。

さらに、手元にお金が無くても買い物が出来るため、金銭感覚がおかしくなる人が多くいます。

こうした事が重なると、借入残高が増え、手数料の支払いだけで毎月の設定額を超えてしまう場合も。こうなると、いくらたっても借金は減らず、ひたすら増え続ける事になります。

マイ・ペイすリボで年会費を安く出来る

マイ・ペイすリボは、年会費を安くし獲得ポイントを増やせるというのが利点です。しかしすべてのクレジットカードにこのメリットがあるわけではありません。

実はマイ・ペイすリボは、「三井住友カード株式会社」「三井住友トラスト・カード株式会社」「九州カード株式会社」「株式会社ペルソナ」など、さまざまなクレジットカード会社で利用できます。

マイ・ペイすリボで年会費を安くできるのは主に、「三井住友カード株式会社」と「三井住友トラスト・カード株式会社」です。

カードの種類によって、「年会費無料」「年会費半額」「年会費割引」の3パターンがあります。

三井住友カード株式会社の年会費割引
値下げ額 カードの種類
無料 三井住友VISAカード、バーチャルカード、KIPS、KIPS Liz、KIPSコモンズ、マツダm’z(一般)
半額 ゴールドカード、プライムゴールドカード、ヤングゴールドカード、エグゼクティブカード、マツダm’zゴールド
割引 ANA(一般、ワイド)、ANA VISA Suicaカード、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード、ANAスーパーフライヤーズカード、ANAゴールド(ワイド)、ANAスーパーフライヤーズゴールド、ヤマハ FC(一般)、

割引に含まれているカードの詳しい割引率については、公式サイトでご確認ください。

三井住友トラスト・カード株式会社の年会費割引
値下げ額 カードの種類
無料 三井住友トラストVISAカード、三井住友トラストVISA.Aカード、三井住友トラストVISAレディースカード、三井住友トラストVISAポイントクラブカード、三井住友トラストマスターカード、三井住友トラストバーチャルカード
半額 三井住友トラストVISAゴールドカード、ロードサービスVISAゴールドカード、三井住友トラストVISAヤングゴールドカード、三井住友トラストVISAエグゼクティブカード、ロードサービスVISAカード、三井住友トラストマスターゴールドカード

年会費が安いクレジットカードの場合、マイ・ペイすリボで無料になり、年会費が高い場合は半額になるというように設定されています。

あれ、「三井住友VISAプラチナカード」などが載っていないような気がしますが。
実はプラチナカードは、マイ・ペイすリボの割引の適用外なんです・・・

マイ・ペイすリボでの年会費割引特典が使いにくく改悪

まず、マイ・ペイすリボ自体は別に改悪されていません。マイ・ペイすリボに付いている、「年会費割引特典」が改悪対象です。

ただし、すべてのクレジットカード会社で改悪されるわけではなく、あくまで「三井住友カード株式会社」の発行しているクレジットカードが対象となります。

現在のところ、マイ・ペイすリボに登録しておけば、リボ払いをしていなくても(カード自体は年に1回使わなくてはいけない)、年会費割引の特典を受けることができます。

しかし、「2021年2月」の分から、実際にリボ払いの手数料を払った実績がなければ特典を受けられない、と条件が改悪。

(今まで)登録だけで良し→(2021年2月から)実際にリボ払いが必要

これまでは、マイ・ペイすリボの支払い設定額を、実際のカード利用額より大きくしておけば、実質的には一括払いと同じ感覚でマイ・ペイすリボを使えました。

しかし2021年2月以降は、リボ払いをしなければいけいため、デメリットが大きくなっています。

1度でもリボ払いを使うと、ズルズルと借入額を増やしてしまうケースが良くありますので、マイ・ペイすリボによる年会費割引は使わないほうが無難。

一応、現時点では改悪されていないわけですよね?
たしかにそうですが、たった1年で改悪されますよ。

それにリボ払いはリスクが大きいため、マイ・ペイすリボの利用は現時点でもお勧めしません。

マイ・ペイすリボはリボ払いと同じです。リボ払いの怖さは必ず使う前に認識しておきましょう。

三井住友カードのマイ・ペイすリボ特典が改悪

マイ・ペイすリボは、あらかじめ毎月の支払い額を設定する「自動のリボ払い」です。そのため、利用すると、店で一括払いと言っても、勝手にリボ払いになってしまいます。

リボ払いは手数料が莫大になってしまうというリスクがありますが、マイ・ペイすリボでカードの年会費が安くなるというメリットもありました。

マイ・ペイすリボに登録さえしておけば、実際にはリボ払いを使わなくてもよいため、年会費を抑える方法として、一応考えられなくはありません。

しかし2021年2月から、実際にリボ払いを使わなくては特典を受けられなくなってしまうため、マイ・ペイすリボを使わないほうが安全です。

※ 掲載の情報は2020年1月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!

ゲットマネー