クレジットカードを持つならQUICPayも使えると便利!おすすめを紹介

クレジットカードを持っていると支払いが便利になりますが、非接触型の電子マネーなどを利用するとさらに簡単に決済ができます。

「QUICPay」は非接触型の電子マネーで、お店の端末にQUICPayをかざすだけで支払いを済ますことが可能なシステムです。

この記事では、QUICPayの機能やQUICPayにどんな種類があるのかを説明していきます。また、QUICPayを使うのにどんなクレジットカードがおすすめなのかもご紹介。

QUICPayは買い物を手軽にできる非接触型の電子マネー

「QUICPay(クイックペイ)」は、多くの種類がある電子決済サービス(電子マネー)のうちの1つです。

QUICPayは、お店の端末にQUICPayかざすだけで支払いができる非接触型の電子マネーシステム。

クレジットカードと似たような機能ですが、クレジットカードのように、暗証番号を入力したりサインをする手間がかからず手軽です。

ただしQUICPayは、「ネットショッピング」や「QRコード決済」「バーコード決済」には対応していません。

QUICPayでもポイントが貯まるし盗難・紛失時も安心

お店でQUICPayを使ったた場合、クレジットカードと同じように、ポイントやマイルが貯まります。

どのようにポイントが貯まるかは、QUICPayを発行した会社によって違ってきますから、契約時に確認してみてください。

また、クレジットカードには紛失・盗難時の補償が付いていますが、QUICPayに対しても同様の補償が付いてきます。

こちらも詳しい補償内容は、QUICPayの発行会社によって変化するため、ポイントと合わせて事前確認が必要です。

QUICPayには機能を拡張したQUICPay+がある

QUICPayで使った利用分を支払うには、「クレジットカード」を使って決済するしかありません。

しかし実は、QUICPayの機能を拡張した「QUICPay+」というものもあります。

QUICPay+は、「Apple Pay」「Google Pay」に搭載されるものです。

QUICPay+なら、クレジットカードだけでなく、「デビットカード」「プリペイドカード」を使って、利用分の支払いが可能。

ただし、支払いをクレジットカードにした場合と、デビットカードまたはプリペイドカードにした場合では、利用可能金額や利用可能店舗が次のような変化が。

QUICPayとQUICPay+の違い
種類と支払い方法 利用可能額(1回あたり) 利用可能店舗
QUICPay(クレカ) 20,000円まで QUICPayマークがある店舗
QUICPay+マークがある店舗
QUICPay+(クレカ) 20,000円まで(QUICPay加盟店)
20,000円以上も可能(QUICPay+加盟店)
QUICPayマークがある店舗
QUICPay+がある店舗
QUICPay+(デビカ・プリカ) 20,000円以上も可能 QUICPay+がある店舗

QUICPayは1度の買い物で20,000円までしか使えません。

QUICPay+は利用金額制限がなくなっていますが、実際にいくらまで使えるかは、支払いに使うカードの種類とQUICPay+の利用店舗によって変わります。

QUICPay機能を搭載するものにはいくつかの種類がある

QUICPayというのは、決済システムであり物体ではありません。QUICPay機能を次のようなハードに搭載することにより、実際にQUICPayが使えるようになります。

QUICPayが搭載されるもの
  1. QUICPay専用カード
  2. クレジットカードやポイントカード
  3. キーホルダーやコインの形をした専用機器
  4. スマホ(モバイル端末)

【1】一番わかりやすいのが、持っているクレジットカードの「追加カード」として、QUICPay専用カードを発行してもらうという方法です。

しかし、クレジットカードによっては、QUICPayに対応していない場合もあります。

QUICPayに対応している主なカードは、「JCBカード」「セディナカード」「オリコカード」などです。

【2】追加カードではなく、「クレジットカード自体」にQUICPay機能を搭載できる場合もあります。カードを何枚も持ち歩きたくないという人には、こちらの方が便利。

クレジットカード以外でも、「nanacoカード」にQUICPay機能を搭載することもできます。

【3】QUICPayは、お店の専用端末で読み込めれば良いので、実はカード型でなくてもかまいません。

実際、キーホルダーにQUICPayを搭載したものや、コインにQUICPay機能を搭載したものなどがあります。

【4】QUICPayはおサイフケータイとして、スマホに搭載することも可能です。カードの代わりにスマホの画面でQUICPay決済が可能。

また、Apple PayやGoogle Payを使って、スマホでQUICPay払いをすることもできます。

QUICPay機能はいろいろなものに付けられるみたいですけど、どれか1つを選ばなくちゃいけないんですか?

クレカと、スマホの両方にQUICPayを搭載したいのですが。

QUICPay機能を複数持てるかどうかは、QUICPayを発行するクレジットカード会社によります。

たとえばJCBカードなら、QUICPayを複数持てますよ。

QUICPayが使える店はコンビニやスーパーなど多数ある

QUICPayは、コンビニなどさまざまなお店で利用できます。代表的なのは次のような店舗です。

QUICPay利用可能店舗
業種 店名
コンビニ セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ、ローソンなど
ガソリンスタンド ENEOS、昭和シェル石油
スーパー イオングループ、イトーヨーカドー、ダイエー、イズミヤなど
ドラッグストア スギ薬局、ドラッグセイムス、マツモトキヨシなど
グルメ ガスト、かっぱ寿司、カレーハウスCoCo壱番屋、牛角、吉野家など
家電・本・服 エディオン、コジマ、紀伊國屋書店、ツタヤ、コナカ、ファッションセンターしまむらなど
レジャー 快活クラブ、東京ディズニーランド・ディズニーシー、東京ドームなど

ここで挙げたのは一部店舗であり、他にも多数の利用可能店舗があります。詳しくは公式サイトで確認してください。

また、QUICPayに対応している業種も、上に挙げたもの以外に、タクシー会社、酒屋、眼鏡屋など多数あります。

QUICPayを使うのにおすすめのカード5選

QUICPayは、クレジットカードを持っていなければ申し込みできません。そこで、QUICPayを使うのに適したクレジットカードをご紹介します。

QUICPayにおすすめのカード
  1. JCB CARD W
  2. JCBゴールド
  3. ANA JCB一般カード
  4. セゾンカードインターナショナル
  5. JCB法人カード
なんだか、JCBのカードにおすすめが偏っていますね。
QUICPayは、JCBが商標登録しているシステムですから、やはりJCBカードを使うのが適しているんです。

では、それぞれのカードの年会費・ポイント還元率や特徴について見ていきましょう。

若者なら「JCB CARD W」でのQUICPayがおすすめ

「JCB CARD W」はJCBカードの1つで、18~39歳までしか申し込みができません。

JCB CARD Wは、年会費が無料でありながらポイント還元率は1.0%と十分。

さらに最高2,000万円の海外旅行傷害保険まで付いています。

JCB CARD W
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費無料
還元率1.0%
電子マネーApple Pay, Google Pay

クレジットカードのサービス内容で選ぶならJCBゴールド

「JCBゴールド」もJCBカードの1つ。

JCBゴールドは年会費が有料ですが、その分、各種サービスが優秀。特に海外旅行傷害保険は圧巻の1億円。

JCBゴールド
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費10,000円(税抜) 
初年度は年会費無料
還元率0.5%~ ※海外利用時は還元率2倍
電子マネーApple Pay, Google Pay

マイルを貯めたい人ならANA JCB一般カード

「ANA JCB一般カード」は、JCBとANAの提携カードです。

ANA JCB一般カードを持っているとさまざまなボーナスマイルを貰えるため、マイルを貯めたい人はANA JCB一般カードが適しています。

ただしANA JCB一般カードでの買い物で貯まるのは、ANAマイルではなく、Oki Dokiポイントなので注意。

ANA JCB一般カード
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費初年度無料
次年度以降2,000円(税抜)
還元率0.5〜1.0%
電子マネーApple Pay, Google Pay

西友をよく使うならセゾンカードインターナショナル

「セゾンカードインターナショナル」は、クレディセゾンのクレジットカードです。

セゾンカードインターナショナルは、18歳以上なら制限なく申し込みができて(高校生を除く)、しかも年会費が無料です。

さらにセゾンカードインターナショナルは、西友・LIVINで買い物をする時にお得な特典も。

セゾンカードインターナショナル
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費永年無料
還元率0.5%~
電子マネーApple Pay, Google Pay

会社でQUICPayを使うならJCB法人カードが一番

会社でQUICPayを使いたい場合は、「JCB法人カード」が有力。

JCB法人カードは、法人カードとしては、かなり年会費が安く抑えられています。会社でQUICPayを試したいという場合はおすすめです。

JCB法人カード
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費1,250円(税抜)
還元率0.5%
電子マネーApple Pay, Google Pay

QUICPayで買い物がスピーディーに

QUICPayは電子マネーの一種。お店の端末にQUICPayが搭載された物をかざすだけで支払いができます。

QUICPayは、QUICPay専用のカードを作ったり、クレジットカードにQUICPay機能を追加したり、スマホにQUICPay機能を追加することで利用可能。

QUICPayを持っていると買い物が便利になりますので、クレジットカードを持っているならQUICPay機能も合わせて利用するのがおすすめです。

※ 掲載の情報は2020年3月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!