楽天ブラックカードとは?基本情報・特徴・入手方法をご紹介!

「楽天カード」と言えば、年会費無料で作りやすいクレジットカード、と思っている人が多いのではないでしょうか。

それはたしかに事実なのですが、楽天カードにも、入手が難しい特別なカードがあります。それがこの記事で紹介する「楽天ブラックカード」です。

楽天ブラックカードは、基本的に楽天カード株式会社からインビテーション(招待)を受けた人だけが持つことができます。

楽天の公式サイトでは、楽天ブラックカードの詳細は明らかにされていません。

この記事では、楽天ブラックカードの特徴や入手方法などについて詳しく説明していきます。

楽天ブラックカードとはどんなカード?基本情報を紹介します

楽天ブラックカード

「楽天ブラックカード」は、楽天カードの最上位クラスに位置するクレジットカード。

原則として、インビテーションを受けた人だけが作ることができる「招待制」のクレジットカードとなっています。

一応、インビテーションを受けずに、直接楽天ブラックカードの申し込みをすることも可能です。

次に、楽天ブラックカードの基本的な情報を確認してみましょう。

楽天ブラックカードの基本情報
カード情報 内容
発行元 楽天カード株式会社
国際ブランド Mastercard、JCB、American Express
年会費 30,000円(税抜)
ポイント 楽天スーパーポイント
ポイント還元率 1%
申込み条件 インビテーションを受ける(直接申し込みも一応可能)
利用限度額 300~1,000万円
追加カード等 ETCカード(年会費無料)
家族カード2枚まで発行可(年会費無料)
付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯)
動産総合保険(ショッピング保険)最高300万円(年間)
支払日 末日締め、翌月27日払い
楽天ブラックカードは、ブラックカードにしては年会費が安めですね。
ええ、楽天プレミアムカードが他社のゴールドカード相当なのと同様に、楽天ブラックカードは他社の「プラチナカード」相当と考えるのが良いでしょうね。
う~ん、それじゃあ、わざわざ手に入れるほどのクレジットカードでもないですね。
年会費やサービスはプラチナクラスですが、クレジットカードとしての「レア度」はかなり高いですよ。

楽天ブラックカードは、入手が難しいクレジットカードの1つです。

楽天ブラックカードの6つの特徴

楽天ブラックカードには、次のような特徴があります。

楽天ブラックカードの特徴
  1. 楽天プレミアム年会費1年間無料
  2. 楽天市場でポイント5倍
  3. 各種旅行サポートサービスがある
  4. 空港ラウンジサービスがある
  5. 付帯保険が充実している
  6. コンシェルジュサービスが付いている

では、それぞれについて見ていきましょう。

楽天ブラックカードの特徴1.楽天プレミアムが1年間無料で使える

楽天ブラックカードの会員になると、「楽天プレミアム」が1年間無料で利用できます。

楽天プレミアムは、楽天グループの特別会員プログラムであり、通常は年会費3,900円(税込み)が必要です。

楽天プレミアムには、次のような特典があります。

楽天プレミアムの特典
  1. 楽天市場の送料が実質無料(送料分のポイント還元)
  2. 楽天グループで会員向け特典を受けられる
  3. 会員専用のお得なクーポンを利用可能
楽天プレミアムの送料実質無料は良いですね。

・・・でも、元から送料無料の商品の場合は関係ないですよね?なんだか送料が無料のものを買うと損した気分になりそうです!

送料無料の商品を買った場合は、ポイント2倍という特典が付きますから、どちらにしてもお得なんですよ!

楽天ブラックカードの特徴2.楽天市場でポイントが5倍に

楽天ブラックカードを「楽天市場(楽天ブックス含む)」で使うと、基本のポイント還元率が「5%」とかなりの高還元率。

これに加え、その他のスーパーポイントアッププログラムなども反映されるんです。

楽天ブラックカードの特別指定キャンペーンを使えばプラス1%。

特定曜日のボーナスでプラス1%、誕生月ボーナスプラス1%などが加算されれば、ポイント還元率10%超え可能性もあります。

楽天ブラックカードの特徴3.4つの旅行関連サービスが利用できる

楽天ブラックカードには、次のような4つの旅行関連サービスがあります。

楽天ブラックカードの旅行関連サービス
  1. 国内宿泊予約センター
  2. トラベルデスク
  3. 手荷物宅配サービス
  4. レンタカー優待

「国内宿泊予約センター」は、楽天ブラックカード会員専用デスクで、希望に合わせた宿泊プランの案内と予約をしてもらえるサービスです。

国内宿泊予約センターを通して宿泊施設を利用すると、通常の還元率1%に加えて、楽天ブラックカード会員ボーナスとして1%のポイントが貰えます(合計2%)。

「トラベルデスク」は、世界30拠点にあるデスクで、旅のサポートが受けられるサービスです。

トラベルデスクでは、「緊急時の対応」「現地情報の提供」「各種予約・手配」といった事をやってもらえます。

「手荷物宅配サービス」は、楽天ブラックカードを持っていると、空港から自宅まで手荷物を「無料」で配送してもらえるサービスです。

ただしこの無料サービスは、年間2回までしか利用できません。

「レンタカー優待」は、全世界140カ国以上に7,000以上の拠点がある「Hertzレンタカー」を優待価格で利用できるサービスです。

楽天ブラックカードの特徴4.空港ラウンジ利用権が付く

楽天ブラックカードには、国内主要空港のラウンジ無料利用権に加えて、プレステージランク相当(429USドル)の「プライオリティ・パス」が付いてきます。

プライオリティ・パスが付いているハイクラスカードは多くありますが、楽天ブラックカードは、「同伴者2名」まで無料という点がユニークです。

同じようにプライオリティ・パスの同伴者2名無料というサービスが付いているクレジットカードは、American Expressの最高ランクである「センチュリオン・カード」しかありません。

楽天ブラックカードよりも年会費が高い「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(年会費税抜130,000円)」でも、同伴者1名の無料サービスにとどまります。

2人以上を連れて海外旅行に行くことが多い人なら、楽天ブラックカードはかなり優秀です。

楽天ブラックカードの特徴5.高額な海外旅行傷害保険が付帯される

楽天ブラックカードには、次のような保険が付いてきます。

楽天ブラックカードの付帯保険
  1. 最高1億円の海外旅行傷害保険(自動付帯)
  2. 最高5,000万円の国内旅行傷害保険(自動付帯)
  3. 最高300万円の動産総合保険(年間)

楽天ブラックカードの海外旅行傷害保険は、本会員だけでなく、「家族カード会員」も同一の補償です。

しかも家族カードを持っていない家族でも、家族特約により最高5,000万円の補償を得られます。

国内旅行傷害保険の場合も、家族カード会員は本会員と同一、カードを持たない家族も最高1,000万円補償されるんです。

楽天ブラックカードの特徴6.コンシェルジュサービスがある

ハイクラスカードの代名詞と言えば、「コンシェルジュサービス」でしょう。楽天ブラックカードにも、しっかりコンシェルジュサービスが付いています。

コンシェルジュサービスは、専門のスタッフがさまざまな要望に答えてくれるため、非常に便利なものです。

次のようなものが、コンシェルジュサービスの一例。

コンシェルジュサービスの一例
  1. レストランの紹介や予約
  2. ホテルの案内や予約
  3. 航空チケットの手配
  4. 音楽鑑賞等のイベントチケットの手配
  5. ゴルフコースの情報提供や手配

他のことでも、情報収集や相談など、大抵のことはコンシェルジュが対応してくれます。楽天ブラックカードを手に入れたら、困ったことがあればコンシェルジュにいつでも相談することができますよ。

楽天ブラックカードの入手条件とは?インビテーションを狙おう

楽天ブラックカードを手に入れる方法は、次の2種類。

楽天ブラックカードの入手方法
  1. 直接公式サイトから申込む
  2. 楽天からインビテーションをもらう

インビテーションがないがどうしても楽天ブラックカードが欲しいという場合、公式サイトから直接申込むことも可能です。

ただし、直接の申込みは一般公開はされていません。

この方法で楽天ブラックカードを入手できる可能性はかなり低く、American ExpressやDiners Clubの上位カードを持っているような信用が高い人でも、審査落ちする可能性があります。

一番おすすめな方法は、楽天から「インビテーション」をもらうことです。

インビテーションが送られる基準が公開されていないため、確かなことは言えませんが、次のようなことが重要だと考えられます。

インビテーションの届く確率が上がる条件
  1. 楽天カードの年間利用額が多い
  2. 楽天カードの利用期間が長い
  3. 楽天カードの限度額が大きい
  4. 楽天カードのクラスが上位
  5. 楽天グループを利用している
  6. 一般的な信用が高い(職業や資産)

ほとんどの招待制のクレジットカードは、「年間利用額」が一番重要視されているようです。

楽天ブラックカードでも年間利用額は重要でしょうが、年間利用額が高いだけでインビテーションが来るわけでありません。

インビテーションが来る一応の目安は、年間利用額「300万円以上」。もちろん、これより少ない利用額でもインビテーションが来る可能性はあります。

反対に年間300万以上使っていても、何らかの原因でインビテーションが届かない可能性もありますよ。

楽天カードを使っている「期間」が長いと、それだけ信用が高まり、楽天ブラックカードのインビテーションが来る可能性も上がります。

ただし、楽天カードを持っているだけでなく、実際によく利用している実績も必要です。

楽天ブラックカードは、「利用限度額」が300~1,000万円と高く設定されています。そのため、今持っている楽天カードの限度額も高いほうが良いでしょう。

インビテーション目当てなら、高いクラスの楽天カードを持っていたほうが有利です。ただし、通常の「楽天カード」を使っていたのにインビテーションが来た、という人もいるようです。

また、楽天カード株式会社以外の「楽天グループ」の利用も、インビテーションに関わっていると言われています。

特に「楽天銀行」や「楽天トラベル」の利用が多い人にもインビテーションが届くことも。

そしてもちろん、職業などの基本的な信用も大事ですよ。

どちらにせよ、これだけやっていれば楽天ブラックカードのインビテーションが来る、という明確な基準はありませんので、気長に楽天カードと付き合っていくしかないでしょう。

楽天ブラックカードのインビテーションを狙うなら、楽天が発行しているクレジットカードを持っておきましょう。

楽天カードでおすすめのクレジットカードは、通常の「楽天カード」「楽天ゴールドカード」「楽天プレミアムカード」がおすすめです。

それぞれのカードの詳細を知りたい人は、こちらの記事がおすすめです。

楽天ブラックカードは入手困難だがコストパフォーマン良好

楽天ブラックカードは、原則としてインビテーションを受けなければ手に入れられないクレジットカードです。

ブラックカードとしては年会費が安く、実質的には「プラチナカード」と同クラスのクレジットカードだと考えられます。

年会費と付帯サービスを比べるとかなり優秀。

楽天市場をよく使う人や、海外旅行に複数人で行く機会が多い人なら、楽天ブラックカードはとても役に立ちます。

ただし楽天ブラックカードは入手は難しく、気長に楽天カードの利用実績を積み重ねなければいけないでしょう。

楽天ブラックカードが欲しい人は、ぜひ楽天カードや楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードを使ってインビテーションを狙いましょう。

※ 掲載の情報は2019年12月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!

ゲットマネー