Uber Eatsはクレジットカード払いにするとお得で便利!

新型コロナウィルスの感染拡大に伴って、アメリカで生まれたオンラインフードデリバリーサービスである「Uber Eats」が注目を集めています。

Uber Eatsは、多くの料理店と利用者をつなぐ会社であり、Uber Eatsを利用することにより、自宅や職場にいながらさまざまな飲食店のメニューを注文することが可能です。

また、Uber Eatsは専門の配達員ではなく、一般ユーザーを配達パートナーとして使っているというユニークな会社でもあります。

この記事で説明するのは、Uber Eatsの使い方と決済方法についてです。また、Uber Eatsで支払うのにおすすめのクレジットカードの紹介もしますよ。

Uber Eatsは専門の宅配業者を使わないデリバリーサービス

Uber Eatsは、フードデリバリーサービスの一つですが、配送方法が特徴的です。

Uber Eatsを使って注文された料理のデリバリーは、専門の宅配業者ではなく、「Uber Eats配達パートナー」が配達します。

Uber Eats配達パートナーとは、注文があった時に近くにいる一般ユーザーのことです。こうした一般ユーザーが、あいた時間を利用して配達業務をおこなっています。

このような配達パートナーシステムを構築することにより、Uber Eatsは素早く、低価格なデリバリーを実現しているのです。

Uber Eatsは客と飲食店と配達パートナーの3者にメリット有り

料理を注文する「客」は、Uber Eatsを使うことにより、簡単に料理の配達を頼むことができます。

さらに、料理店ではなくUber Eats側が配送をおこなうシステムのため、通常は出前を利用できないような個人店の料理も味わうことが可能。

Uber Eatsならではの客側のメリットって、なにかありますか?
普通のデリバリーサービスは「最低注文金額」が決まっていて、利用額が少ないと配送してくれません。

Uber Eatsの場合は最低注文金額が無く、1品からでも気軽に注文できるというのがメリットですね。

「飲食店」は、Uber Eatsに登録さえしておけば、初期投資に費用をほとんど使わずに出前をできるようになるのがメリットです。

出前用に配達員を雇う必要はありませんし、配達用のバイクなどを購入する必要もありません。

「配達パートナー」は、自分の望むタイミングで仕事ができるというのがメリットです。ちょっとした副業として非常に便利でしょう。

このようにUber Eatsは、客、店、配達員のそれぞれにメリットがあるシステムになっています。

Uber Eatsを利用する場合の6つの注意点

Uber Eatsを使う場合、次のような点に注意が必要です。

Uber Eatsを使う際の注意点
  1. 利用可能なエリアが限られている
  2. 悪天候時は利用できないことがある
  3. 人気店は利用できないことがある
  4. 手数料がかかる
  5. クーポンが配布されることがある
  6. 配達員が素人のため不備があることも

【1】Uber Eatsは世界に広まっているサービスですが、日本に入ってきたのは2016年と、つい最近のことです。

そのため、まだ配達可能な地域が限られています。

現時点では、「宮城県」「東京都」「埼玉県」「千葉県」「神奈川県」「石川県」「富山県」「愛知県」「大阪府」「京都府」「兵庫県」「広島県」「岡山県」「愛媛県」「香川県」「福岡県」という16の都道府県でしかUber Eatsは使えません。

また、配達可能な都道府県なら、どの地域でも使えるというわけではなく、東京都なら23区と西東京の一部、京都府なら京都市の一部、といったように人口密度が高い一部地域に限定されています。

【2】Uber Eatsは、大雨や雪で外出したくない時に利用したいサービスだと思いますが、こうした悪天候の日には利用できないことも。

なぜなら、配達パートナーが専門業者ではなく一般ユーザーのため、悪天候時には外に出たくないと考える配達員が多くなるからです。

さらにこうした悪天候時は、配達が可能でも、配達にかかる時間が長くなってしまいがち。
【3】人気のある料理店の場合、12時ごろや19時ごろにはデリバリーを受け付けていない場合もあります。

なぜなら、人気店のコアタイムは店内のお客さんをさばくのに忙しく、デリバリー用の料理まで作る余裕がないためです。

一番料理を頼みたい時に利用できないことがあるというのは、Uber Eatsの残念なところ。

とはいえ、デリバリー停止時間があるのは、主に個人店であり、チェーン店などでは問題なく配送してもらえます。

【4】Uber Eatsを利用する場合、「配送手数料」「サービス料」「少額注文手数料」といった手数料を取られることに注意してください。

Uber Eatsでは、「配送手数料」として数百円が必要です。

配送手数料は、「どの店に注文をしたか」「どのあたりに住んでいるか」「該当地域に現在何人の配達パートナーがいるか」といった条件によって異なります。

「サービス料」は、注文をした小計金額の10%。ただし配達パートナーではなくレストランの「配達員」が配送した場合は、サービス料は取られません。

また、注文をした金額が700円に満たない場合、「少額注文手数料」として150円を取られてしまいます。そのため、Uber Eatsでは700円以上で注文をしないと損です。

【5】Uber Eatsでは、注文時に利用できる割引クーポンを配っていることがあります。

これらのクーポンは値引き率が大きめですので、見逃さずに使っていきましょう。

【6】Uber Eatsは、専門の配達員ではなく一般ユーザーが配達をおこなっています。

そのため、専門業者が配送しているところと比べると、トラブルの発生する確率が高いという弱点有り。

配達時間が遅れてしまったり、運ばれた料理がトレイの片側に偏ってしまったり、といった問題が起こりがちです。

もちろん、Uber Eatsの配達パートナーとして経験豊富な人も大勢いますが、そういう人に当たるかどうかは運次第なところがあります。

Uber Eatsをクレジットカード払いで注文する方法

Uber Eatsは次のような方法で利用可能です。

Uber Eatsの利用手順
  1. Uber Eatsのアプリをダウンロードする
  2. 住所を設定する
  3. 支払方法を設定する
  4. 料理店と注文する料理を決める
  5. 注文の確認をする

【1】まず、「Google Pay」か「App Store」でUber Eatsのアプリをダウンロードし、スマホにインストールします。

ただし、このアプリを使わずに、パソコンでUber Eatsの公式サイトを開いて直接注文することも可能です。

とはいえ、最初に設定さえしてしまえばアプリで注文した方が便利ですから、アプリのインストールをおすすめします。

【2】アプリをインストールしたら、住所設定をしましょう。職場でも利用したい場合は、自宅とは別に勤務先の住所も登録しておくと便利です。

【3】Uber Eatsは、クレジットカードで支払いをするのが基本。

他に「デビットカード」「Apple Pay」「LINE Pay」「PayPay」も使えますし、最近では「現金払い」もできるようなりましたが、使いやすくお得なクレジットカード払いにしておきましょう。

クレジットカード払いにはどんなメリットがあるんでしょうか?
クレジットカード払いなら、現金のやり取りがない分、すぐに料理の受け渡しが終了しますよ。

それにもちろん、ポイント的にも現金払いよりもお得ですね。

なるほど、時間がかからずお金もお得というわけですか。
他に、クレジットカード払いなら、「新型コロナウィルス」対策として、配達員と対面せずに料理を指定場所に置いておいてもらって、後で受け取る、といった方法も可能ですよ。

クレジットカード払いにするには、アプリのプロフィール画面の「お支払い」を選び、Uber Eatsで使うクレジットカードを登録しましょう。

【4】Uber Eatsのアプリには、近くにあるレストランなどが表示されますので、気に入ったお店の料理を選び、カートに入れます。

【5】最後に、カート画面で注文内容や料金を確認し、注文を確定させましょう。

Uber Eatsで支払うのにおすすめのクレジットカード3選

Uber Eatsでクレジットカード払いをする場合、次の3つのクレジットカードがおすすめです。

Uber Eats利用に適したクレジットカード
  1. dカード
  2. ビックカメラSuicaカード
  3. 楽天カード

では、それぞれ見ていきましょう。

dカードはドコモユーザーに適したクレジットカード

「dカード」はNTTドコモのクレジットカードです。基本のポイント還元率が1.0%と高めなので、ショッピング用のクレジットカードとして優れています。

そのため、Uber Eatsで使った場合もポイントが貯まりやすくお得。

dカードで貯まるdポイントは、ドコモユーザーなら使いやすいポイントですので、携帯キャリアにドコモを選んでいるなら、dカードは利用価値が高いクレジットカードだと言えます。

ただし、他のキャリアの携帯を使っている場合は、dカードではなく他のクレジットカードを選んだほうがよいでしょう。

他にdカードは、ローソンで使った場合に最大5.0%お得になりますので、ローソンをよく使う人にもおすすめです。

dカード
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費初年度無料
2年目以降1,250円(税抜)
還元率1.00%~
電子マネーiD, Apple Pay, Google Pay

ビックカメラSuicaカードは毎日電車を使う人におすすめのカード

「ビックカメラSuicaカード」はJR東日本の交通系クレジットカードです。Suica機能が搭載されているため、通勤通学で電車を利用するにおすすめ。

基本ポイント還元率も1.0%と高いので、Uber Eatsでの支払いにも適しています。

また、ビックカメラで使った場合は、11.5%という破格のポイント還元率を得られ非常にお得です。

Suicaも便利だし、ビックカメラで高ポイントも付くし、ビックカメラSuicaカードはかなりいいんじゃないでしょうか。
たしかにおすすめのクレジットカードであるのですが、Suica機能を有効利用できるのは関東近辺ぐらいしかないという弱点もあるんです。

ですから、関東圏外に住んでいる人だと、ビックカメラSuicaカードを選ぶ価値が低くなりますね。

ビックカメラSuicaカード
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費初年度無料
2年目以降477円(税別)
※ただし、前年度年1回の利用で2年目以降無料
還元率1.0%~11.5%
電子マネーApple Pay, Google Pay, Suica

楽天カードは楽天系列のサービスを利用する時に真価を発揮

「楽天カード」といえば、年会費無料のクレジットカードの代表的なものです。

他の2つのクレジットカードと同様に、ポイント還元率が1.0%ありますから、Uber Eatsでポイントを稼ぎやすくなっています。

楽天カードは、「楽天市場」を初めとした楽天グループのサービスで使うと真価を発揮。

特に楽天市場では、条件次第でポイント還元率が10.0%を超えることもあり、非常にお得です。

逆に言うと、楽天市場や「楽天銀行」「楽天証券」「楽天トラベル」などのサービスを使っていない場合、楽天カードの優位性は無くなってしまいます。

楽天グループを使わないなら、Suica機能が付いているビックカメラSuicaカードの方が便利です。

楽天カード
国際ブランド
カードの特徴
家族カード
ETCカード
国内旅行
傷害保険
海外旅行
傷害保険
ショッピング
保険
空港
ラウンジ
年会費永年無料
還元率1.0%~
電子マネーEdy, Apple Pay, Google Pay

Uber Eatsなら隠れた名店の料理を自宅に運んでもらえる!?

Uber Eatsは、さまざまな料理を注文できるデリバリーサイト。

スマホにUber Eatsの「アプリ」をインストールすれば、自宅以外でも好きな場所に、簡単に料理を運んでもらうことができます。

Uber Eatsは、料理の配達を店側でやらなくてもよいシステムにしているため、もともと出前をやっていない隠れた名店の料理も注文できる、というのが大きなメリットです。

ただし全国展開しているチェーン店などを利用したい場合は、Uber Eatsよりも「出前館」の方が費用を抑えられ、便利。

出前館については詳しく知りたい方は、次の記事をどうぞ。

※ 掲載の情報は2020年6月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!

ゲットマネー