Yahoo! JAPANカードは年会費無料で高還元率でおすすめ!

「Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)」は、ヤフーの子会社である「ワイジェイカード株式会社」が発行するクレジットカードです。

発行が始まったのが2015年4月と、比較的新しいクレジットカードとなっています。

ヤフーカードの利用で貯まるポイントは「Tポイント」で、1.0%という高還元率。

さらに、ヤフーカードをYahoo!ショッピングで使うと、ポイント還元率が3.0%にまでアップします。

またヤフーカードには「Tカード機能」が付いているため、ヤフーカードさえ持っていれば、Tカードを持ち歩かずに済む点も魅力の1つ。

この記事では、ヤフーカードの特徴について詳しく紹介していきます。

Yahoo! JAPANカード
注目ポイント
  • Yahoo!ショッピングで使うと還元率が高い
  • Tカードの機能も使える
  • Paypayで紐づけするのに一番おすすめ
  • 様々な補償・保険が付帯されている
国際ブランド
電子マネー
カード情報内容
発行元ワイジェイカード株式会社
年会費無料
申込資格Yahoo!IDを持っている
18歳以上(高校生を除く)
還元率1.0%~
追加カード家族カード(年会費:無料)
ETCカード(年会費:税抜500円)

ヤフーカードはTポイントが貯まりやすいクレジットカード

ヤフーカードは、基本還元率1.0%と、ポイントが貯まりやすいお得なクレジットカードです。

Tポイントは、加盟店での買い物に使えるほか次のような使い方も。

Tポイントの使いみち
  1. 用意されている商品と交換する
  2. ジャパンネット銀行口座で現金に変える(ポイント還元率は0.85%にダウン)
  3. 「Tポイント投資(株・投資信託・仮想通貨)」に利用
  4. 募金(1ポイントが1円の寄付に)
  5. Tマネーにチャージする
現金にするのは、還元率が下がって損だから無しですね。

「Tマネー」というのはなんでしょう?

FamilyMartなどで使える電子マネーですね。
なるほど、使い方としてTカードと似たようなものなのかな。

ちなみに、貯めたTポイントは、どう使うのがおすすめでしょうか?

株などをまったくやったことが無い、という人には「Tポイント投資」をおすすめしたいですね。

貯まった少額のTポイントで投資を始められますので、投資の勉強として試してみるのも悪くないと思いますよ。

また、次のような方法を使うと、さらに獲得できるTポイントを増やすことができます。

ヤフーカードで獲得ポイントを増やす方法
  1. ヤフーのお店で使う
  2. Tポイント加盟店で使う

では、それぞれ見ていきましょう。

ヤフーカードはYahoo!ショッピングで使うとお得!

ヤフーという名が付いているだけあって、ヤフーカードはYahoo!ショッピングなどで使うとお得です。

次のような通販サイトを利用すると、ポイント還元率が増加します。

ヤフーカードの獲得ポイントが増える通販サイト
  1. Yahoo!ショッピング
  2. LOHACO

「LOHACO」は事業者向け事務用品通販大手のアスクルが、ヤフー株式会社の協力を得て2012年にオープンした、個人向け日用品販売のECサイトです。

日用品と言っても、重くてかさばるものを中心に飲料や食品なども取り扱っています。

どちらを使った場合でも、ポイントが通常の3倍の「3.0%」という高還元率に。

さらに注目すべきは、Yahoo!ショッピングでは「5のつく日キャンペーン」などのキャンペーンが頻繁に実施されていること。

毎月5日、15日、25日に実施される「5のつく日キャンペーン」にエントリーすると、還元率4.0%分のボーナスポイントがもらえます。

ただし、「5のつく日キャンペーン」はエントリーが必要なので、エントリーするのを忘れないようにしましょう。

ヤフーカードはTカード機能も搭載

ヤフーカードには、「Tカード機能」も付いています。

Tカード機能にどんなメリットがあるかと言うと、ズバリ、「ポイントの2重取り」です。

Tポイント加盟店でヤフーカードを使うと、クレジットカードの利用ポイントに加えて、Tカードを利用することによるTポイントも貰うことができます。

たとえば「TSUTAYA」や「FamilyMart」なら、200円の利用ごとに1のTポイントを貰えるため、クレジットカードの利用ポイントと合わせると、ポイント還元率が1.5%に。

ヤフーカードを作れば、より効率的にTポイントを貯めることができるというわけです。

PayPayを使うならヤフーカードで決まり

「PayPay」は、急速に利用が広まっている電子マネーですが、このPayPayを使うならヤフーカードは必須級。

なぜなら、PayPayに「チャージ」できるクレジットカードは、ヤフーカードのみだからです。

もちろん、クレジットカードを使わずに、銀行口座からチャージしたり、セブン銀行ATMからチャージすることは可能ですが、やはりクレジットカードからチャージするのが手軽で便利。

なるほど、ヤフーカード以外でPayPayを使えるクレジットカードは無いんですね。
ああ、それは少し違います。

チャージができないというだけで、他のクレジットカードをPayPayに紐付けて、クレジットカード払いにするということは可能です。

え、だったら別にヤフーカードを選ぶ意味は無いのでは?
PayPayに紐付けて使う場合でも、ヤフーカードだけポイントがお得になります。

だからPayPayをクレジットカードで使うなら、ヤフーカードを使うのが基本だと覚えておいてください。

また、PayPayの場合、クレジットカード払いではなく「チャージ残高払い」にするとボーナスが貰えるキャンペーンなどもやっていますので、チャージができるということが重要です。

たとえば現時点でも、「残高払い」にするとポイント還元率20.0%(Yahoo!プレミアム会員なら25.0%)という凄まじいキャンペーンが行われています。

Paypayについてさらに詳しく知りたい方は、次の記事をどうぞ。

ヤフーカードには動産保険有り!追加の保険も付帯可能

ヤフーカードの保険システムは、次のようなものです。

ヤフーカードの保険システム
  1. 盗難保険
  2. ショッピングガード保険
  3. プラチナ補償(有料オプション)

海外旅行傷害保険は、残念ながら付いていません。

盗難保険については、ほぼすべてのクレジットカードに付いているものと同じものですので説明は省きます。

その他の2つについて見ていきましょう。

ヤフーカードならヤフオク!の中古品でも補償される

ヤフーカードには、年間最高100万円の「ショッピングガード保険」が自動付帯しています。

このショッピングガード保険の優れている部分は、ヤフオク!で落札した「中古品」も対象になることです。

「ヤフオク!で中古品を落札したら故障していた」そんなときでも、ヤフーカードなら補償が受けられるため安心。

ただし、補償を受けるためには、商品を購入してから90日以内に連絡する必要があります。

ヤフーカードには保険オプション有り

ヤフーカードには、「プラチナ補償」というオプションが用意されています。

プラチナ補償は、月額490円(税抜)と有料ですが、18種類もの補償を付帯可能です。また、初月の費用は無料。

プラチナ補償の保険は、次のような4タイプで構成されています。

ヤフーカードのプラチナ補償の内容
  1. 買い物時の補償
  2. 日常生活の補償
  3. 旅行時の補償
  4. インターネットのトラブル対策

買い物時の補償は次のようなものです。

買い物時の補償
  1. 修理補償金(メーカー保証書があるなら修理費用の100%、無くても50%を補償)
  2. 破損補償金(破損した商品の購入金額の90%を補償)
  3. 宅配郵送事故補償金(配送時に破損していた場合、代金の90%を補償)
  4. 盗難補償金(盗難時に購入金額の60%を補償)
  5. 返品補償金(返品不能商品の購入金額の50%を補償)

日常時の補償は次の通り。

日常時の補償
  1. 携帯電話水濡れ・全損補償金(携帯電話の水濡れなどでの交換費用を全額補償)
  2. 交通トラブルお見舞い金(交通事故で入院した場合、1日につき3,000円補償)
  3. 電子デバイス災害補償金(スマホやパソコンが災害で破損した場合全額補償)
  4. 車上荒らし被害補償金(盗まれた商品の購入金額を補償)
  5. 自転車事故賠償責任補償金(自転車での人身事故・物損事故ともに2~10万円を補償)
  6. お悔やみ帰省お見舞い金(家族が傷害事故で死亡した場合の帰省費用を補償)

旅行をする時にも、次のような補償が受けられます。

旅行時の補償
  1. 旅行・イベントキャンセル補償金(チケット代金やキャンセル料を補償)
  2. 海外旅行けが・病気お見舞い金(海外旅行時の怪我・病気の治療費を補償)
  3. 海外旅行持ちもの損害補償金(海外旅行時に破損した物の購入金額の50%を補償)
  4. 海外旅行思わぬ出費補償金(航空機遅延等のトラブルでかかった費用を補償)

今では生活に欠かせなくなった、インターネット上でのトラブルも補償。

インターネット利用時のトラブルの補償
  1. なりすまし賠償責任補償金(IDやパスワードの漏洩で賠償責任が発生した場合に補償)
  2. ネット売買トラブルお見舞い金(ネットの損害賠償請求での弁護士費用を補償)
  3. 個人情報漏洩過失責任補償金(スマホ・パソコン等を紛失し不正利用された時に補償)

それぞれの補償には、補償がおりるための条件や上限金額などが設定されていますので、詳しくは公式サイトで確認してください。

有料オプションとはいえ、これだけの補償が付けられるクレジットカードは少ないです。Yahoo! JAPANカードは「クレジットカードは補償も大事」という方にもおすすめ。

たしかにプラチナ補償はスゴイですけど・・・

これ、年に6千円くらい利用料金がかかってしまいますよね。だったら、もっと年会費が高くて高グレードのクレジットカードにした方がよくないですか?

プラチナカードなどは確かに補償が充実していますが、あくまで旅行傷害保険やショッピングガード保険のみです。

プラチナ補償のように日常生活やインターネットトラブルには対応できませんから、目的によって使い分けるのが良いでしょう。

Yahoo!ショッピング等での獲得ポイントは利用法と利用期限有り

ヤフーカードをYahoo!ショッピングかLOHACOで使うと、ポイント還元率が3.0%になると書きました。

ただ注意点があり、3%のうちの1%は「PayPayボーナスライト」といって、決済アプリ「PayPay」の残高として利用するためのポイントとなります。

通常のTポイントとは違うため、注意してください。

また、PayPayボーナスライトは有効期限がポイント獲得から「2カ月間」しかないため、使い勝手がやや悪いのが残念なところです。

有効期限2カ月は、ポイントの使い忘れが発生しそうですね。
そうですね。ふだんのコンビニでの買い物にPayPayを使うなどして対策をすべきでしょう。

Yahoo!ショッピングの5の付く日の4.0%ボーナスなども、PayPayボーナスライトで支払われますから、PayPay対策は必須です。

Yahoo! JAPANカード
国際ブランド

ヤフーカードはヤフーのサービスを利用する人におすすめ

Yahoo! JAPANカードは他社のようにゴールドやプラチナのラインナップはありませんが、年会費が無料なので初めてクレジットカードを作る方におすすめ。

Tカード機能をつけられるので、Tポイントを貯めたい方や使いたい方にも便利です。

Yahoo!ショッピングやLOHACOでポイント還元率が3.0%になるため、ヤフーのサービスを頻繁に使っている人に利用価値が高いクレジットカードだと言えます。

ポイント3倍獲得したいときは、Yahoo! JAPANカード申し込み時に取得したYahoo! JAPAN IDでログインすることを忘れないでくださいね。

※ 掲載の情報は2020年4月現在のものです。

あなたのコメントをどうぞ!